仕事できない人はやめるべき?3つのパターンから回答【働くのツラい】

2020年6月27日

仕事できないやめるべき
毎日仕事で足を引っ張ってる…仕事できない人はやめるべきなのかなぁ…どうしたらいいのだろう…

こんな疑問にお答えします。

本記事で分かること

  • すぐに仕事をやめるべき3パターン
  • 仕事できない人がやるべきこと2つ
  • いまの仕事で頑張る気がないなら、やめてしまってOK

結論からいうと、仕事をやめるべきパターンもあれば、まだ改善する余地もあります。

ぜひ本記事を読んでみて、あなた自身でこれからどうするか判断してみてください。

 

3分ほどで読めるので、ちょっとだけお付き合いください。

まずはすぐに仕事をやめるべきパターン3つから、紹介します。

 

IT企業の転職に興味がある人へ

 

コロナが始まってからよりITの需要が大きくなって、いまではビジネスでネットは切り離せません。
ただしIT企業に興味があっても、未経験の人も多いはず…

 

じつは僕は「食品会社」→「IT企業」へ転職の経験があります。
その際に使っていた転職サイトや、転職エージェントをまとめたので、興味がある方はどうぞ。

転職する男性
IT業界に有利な転職サイト・エージェント3つ【現状を変えよう】

続きを見る

仕事できない人がすぐにやめるべきパターン3つ

必死に逃げる男

以下の3パターンなら正直、仕事を続けるのは難しいかと。

仕事ができない人がやるべき3パターン

  • 人間関係がぐちゃぐちゃ
  • 誰も助けてくれない環境
  • 上司からパワハラを受けている

それぞれ解説していきます。

 

人間関係がぐちゃぐちゃ

会社というのは一人だけでは、完結するものではありません。

ときにはチームワークや、人との連携が必要だったりします。

 

それなのに、人間関係がぐちゃぐちゃな仕事場は、さすがにやめるべき環境にあります。

  • 影で悪口
  • 足の引っ張り合い
  • 嫌な人が複数いる

一人ぐらいは嫌な人はいますが…複数いたらわりとヤバイです。

 

あとは派閥」があったりしたら、終わってます。

人間関係がぐちゃぐちゃのなかにいると、そのうちあなたがいじめの対象になりかねません。

 

誰も助けてくれない環境

あなたが仕事ができないとわかっていながら、誰も助けてくれない環境もよくありません。

仕事ができないことは、さすがにみんな気づきます。

 

上司も気づいていながら放置するのは、あなたを成長させる気がないってこと。

  • 雑用ばかり
  • 周りのフォローなし
  • 指導すらしてくれない

あきらかに腫れ物扱いされているので、居心地もわるいですよね。

 

仕事ができないからといって、成長させようとしない環境に、あなたの未来はありません。

すぐに仕事をやめることを検討するべきでしょう。

 

上司からパワハラを受けている

上司に限らずですが、パワハラを受けてる人は仕事を辞めちゃってもOKです。

シンプルにしんどいですし、精神的な病気になったらおしまいですよ。

 

とにかく精神的に攻撃を受けてるケースなら、仕事を続けるのは危険ですよ。

  • 嫌がらせを受けている
  • 上司からパワハラを受けている
  • なにかしらハラスメントを受けている

こんな状態だと、持って数年でしょうね。

会社員をあと何十年とつづけることは難しいので、やめることを決断してください。

 

以上が、3つの仕事をやめるべきパターンでした。

自分から退職がいいづらい…そう思うなら、退職代行を使ってみましょう。

 

その日中に対応してくれるので、あと腐れなくやめることもできます。

\ アルバイトでもOK /

退職代行を依頼する

無料相談もできます!

 

では上記のパターンではない場合は、どうするべきか解説していきます。

仕事ができない人は、どうしたらいいのか。

 

仕事できない人は、社内の環境を変えてみればいい

新しい道を探す男

仕事ができない人は、会社を変えるのではなく、仕事環境を整えてください。

具体的には、以下の2つのことを実施しましょう。

仕事ができない人が取るべき行動

  • 自分に合う仕事を振ってもらう
  • 説明上手な人に教えてもらう

それぞれ解説していきます。

 

自分に合う仕事を振ってもらう

仕事ができない人になっているのは、自分に合わない仕事の可能性もあります。

消極的なひとが営業が苦手のように、合わない仕事だって存在しますからね。

 

手先が不器用なひとが、器用さを求められる仕事では、仕事もうまくいきません。

だからもしできるなら、部署異動ができないか上司に相談しましょう。

てしやん
合わせてどんなことなら、できそうか伝えること

部署異動すること、会社にとってもプラスです。

 

自分に向かないことはスパッとやめて、能力を最大化させることも重要ですよ。

  • どんなことが向いてるか?
  • 自分の強みはなんなのか?
  • どんなことなら継続できそうか?

このあたりを、考えてみてください。

僕も営業が苦手で、部署を変えたら、結果もでるようになりましたね。

 

説明上手な人に教えてもらう

あとは教えてもらう人を変えること、ですね。

説明上手の人に教えてもらえれば、正しい努力を導いてくれます。

 

自分も成長できるため、仕事ができる人にもなっていきます。

だからもし上司が合わなくて成長できないなら、別の人から指摘してもらうことです。

てしやん
でも上司を変えろ!なんていえませんよね

だから教えてもらうなら、自分から教えてもらうように声をかけることです。

 

自分よりも優秀な人、とくに論理的に教えてくれる人から、教えてもらいましょう。

間違った努力では、仕事ができないままですからね。

 

✔︎正しい努力をしないと結果も出ない

仕事ができない人は、正しい努力ができていない人がおおいです。

しかも正しい努力は、自分で判断できません。

 

正しい努力については「努力が続かない原因」で解説していますので、よかったら参考にしてください。

 

ちょっとずつ成長していこう

仕事ができないなりに、これからちょっとずつ成長すればOKです。

ほかの人とくらべて、成長は遅いかもしれませんが、確実に成長していきましょう。

 

自分は仕事ができなくて落ち込むのはわかりますが、いま自分にできることを行うことです。

てしやん
結果的に必要な人になりますよ

会社ではおなじ人材はいませんし、個々の得意なこともあります。

 

仕事が遅いけど、正確な人だって必要な人材ですよ。

まずは自分に合う仕事か、もしくは教えてもらう人を変えてみて、いまよりも仕事ができる人になってくださいね。

 

何もしないと、恐らく会社をやめることをになる

このまま仕事できない人を続けると、おそらく会社をやめます。

仕事ができないことが耐えきれなくなって、精神的に病みますね。

 

仕事ができない状態から、自分で何とかするのはハッキリいって難しいです。

てしやん
できてるなら、やってますからね

だから積極的にひとに依頼したり、相談すること。

 

もしやらないと、間違いなく会社を去ることになりますよ。

ただそんな余裕もない、誰かに相談する気も起きない…という人はちがう道を選ぶべき。

 

いまの仕事で頑張る気がないなら、もうやめるべきです

仕事できなくて悩む男

もう無理…やめたい…

こんな人は、正直やめたほうがよいです。

ずるずるいってもあなたは成長しませんし、会社にとってお荷物です。

 

キツイ言い方ですが、事実。

いまの仕事で頑張れないなら、お互いのためにもやめるべきでしょう。

てしやん
やめたい状態でつづけても、もっと辛くなるだけですよ

 

決断は早いほうが得です

どうしよう…やめようかな

と迷ってるなら、すぐに決断しましょう。

30代、40代だと仕事を変えることも、難しくなります。

 

つづけても、精神的にも削られていくだけなので、早く決断するのがお得です。

ぶっちゃけ精神病のリスクとか、転職しづらくなったり…むしろ、続けるほうがリスクしかないですね。

\ アルバイトでもOK /

退職代行を依頼する

無料相談もできます!

てしやん
素直に自分の気持ちに従えばいいですよ

 

仕事できないやめるべき:まとめ

仕事で白旗をあげる

仕事ができない人でも、やめるべきかは状況によります。

とくにまだあなたが頑張りたいと思えるなら、本記事の内容を参考にしてください。

仕事できない人がやるべき行動2つ

  • 自分に合う仕事を振ってもらう
  • 説明上手の人に教えてもらう

もう仕事をやめる気しかないという人は、無理に頑張らずやめればいいですよ。

ゆるやかに生きて、フリーランスにでもなればOKです。

 

本日は以上となります。

-働き方
-

© 2020 Teshiyan Blog Powered by AFFINGER5