努力が続かない原因とは?結論、努力を続ける『技術』を知らないから

2020年6月3日

努力が続かない原因
努力が続かない……どうしてだろう。
努力を続けるコツも知りたい。

こんな疑問にお答えします。

本記事で分かること

  • 努力が続かない原因
  • 準備なしで努力を続けるのは無謀
  • 努力を続けるためには、5つのステップがいる

努力を続けることができれば、誰でも東大に入れるといっても過言ではありません。

もちろん、正しい努力も必要ですが、世の中は努力を続けられる人はほんとにすくない。

 

本記事では、努力を続けたいと思っているなら、解決できる内容になっています。

3分ほどで読めるのでちょっとだけ、お付き合いください!

努力が続かない原因とは?

紙飛行機の墜落

あなたが努力が続かない原因は3つです。

努力が続かない原因

  • ツライから
  • 好きじゃないから
  • 本気になれてないから

それぞれ解説していきますね。

 

好きじゃないから

嫌々、続けているものだとなかなか努力も続きません。

夢中になっているときはいいですが、挫折すると考えてしまいます。

 

自分はなんてやってるんのだろう…と考えてふと止まる。

  • もうやめようかな
  • もうやりたくないな
  • 何のためにやってるんだろう

好きだから続けられるわけではありませんが、好きじゃないと続けにくいです。

 

勉強が続きにくいのは、このためですね。

自分が好きじゃないものは、努力が続けにくいものです。

 

本気になれてないから

努力を続けるということは、その先に得たいものがあるから。

何かを得るためにも、かを捨てる覚悟は必要です。

 

何もしてないで、結果を得ようとするのは、かなり矛盾していますよね。

もし何も捨てられていないならそれは多分、本気になれてないからです。

  • 結果を追い求めてない
  • 努力する時間を捻出してない

本気ではないと、果は出にくいですし、努力も続きません。

 

結果が出なくて言い訳してしまうは、典型的に本気になれてない人ですね。

本気になれば結果も出ますし、結果的に努力も続けられます。

 

ツライから

シンプルに努力がツライから、挫折してしまうのです。

努力を続けるには、新しいことを続ける勇気と、つねに試行錯誤の連続。

 

やったことないことをやれば、ストレスはかかりますよね。

  • はじめての仕事
  • はじめての習い事
  • はじめてのアルバイト

やったことないことに挑戦すれば、当然ストレスもかかるしツライ。

生活がかかっていれば努力も続きますが、死なないなら努力は続きません。

 

努力はツラくて、いつでも逃げたくなります。

努力をしなくても死ないと、どうしても続きません。

 

努力を続けているうちに「やらなきゃ思考」にシフトする

ノートパソコンをパンチ

努力を続けているとあるあるなのですが「やらなきゃな」という考えになっていきます。

らなきゃ思考にシフトしていくと、努力を続けるのがツラくなります。

 

かりに努力を続けられたとしても、動くことに目標になってしまうことも。

  • 考えずに続けてる
  • 試行錯誤は全くない
  • 結果、成果が上がりづらい

そのため、努力を続けることが難しくなります。

 

ただ努力を続ければいいものではなく、正しい努力もしないといけません。

努力を続けて結果が出ないなら、変える努力も必要になります。

 

準備なしに努力を続けるのは無謀

努力をする前に、ちゃんと環境を整えることが重要。

闇雲に動いても、失敗する可能性が高いだけです。

 

またいまの生活に新しいことを詰め込んでも、ただしんどいだけ。

努力がツラくなって、やらなきゃ思考に陥ります。

  • 思いつきで始める
  • 何もせずに努力を始める
  • 正しい努力がよくわかってない

このような状態だと、努力を続けるのは無謀です。

よほど強靭なメンタルを持っていないと、続けるのは無理ですね。

 

ここまで努力が続かない原因をお伝えしました。

ではどのように努力を続けたらいいのか、5つのステップに分けて紹介しますね。

 

努力を続けるには、5つのステップが必要

失敗から成功へ

努力を続けるためは、正しい努力がいります。

正しい努力をすることで、努力を続けられるので、以下の5つのステップをやっていきましょう。

努力する5つのステップ

  • 目標明確にすること
  • 自分を妨げるものを把握する
  • 続ける努力を身に付ける
  • 努力を続けられる環境に追い込む
  • 正しい努力かときどき確認する

それぞれ解説していきますね。

 

目標を明確にする

努力を続けるためにも、努力で得られるものを『明確』にすることです。

努力が明確になれば、それだけ本気になりますよ。

 

得られる内容がふわっとしてるから、挫折して続きません。

  • 努力の先に得られるメリット
  • 努力をしたことで変わる生活
  • 努力したことでどんな自分になっているのか

すくなくとも、これらは把握することです。

目標がふわふわしていると、自分は何をやってるのか不安になりますよね。

 

可能ならば、目標を紙に書いて、毎日みえるようにしてください。

目標はどうしても見失いがちになりますし、迷ったときに見返しましょう。

 

自分を妨げるものを把握する

次に、自分が努力しようとしているときに、やる気を妨げるものを把握してください。

自分を妨げるものは、人によってまったく違います。

 

ここは自分の性格や、生活習慣を見返すことが重要です。

  • どんな時にサボりたくなる
  • 逆にどんな状況かやる気になるのか

ちょっと受験勉強と、似ているところありますよね。

自分を妨げるものを排除することで、努力にあてる時間が増えます。

 

このあたりは「伊沢さんの本」が超役に立つので、よかったら買って読んでみてください。


続ける努力を身につける

努力を続けるのは、自分の意思ではなく技術です。

ポイントは、習慣化させてしまうこと。

 

努力を続けるといっても、どうしてもやる気が出ないときは誰だってあります。

このとき行動心理学を利用して、努力を始める行動を整えるのです。

  • 努力を始める前のルーティン
  • 努力が終わったときのご褒美をあげる

根性とか意思ではなく、科学的に基づいたアプローチがおすすめ。

 

ちなみに続ける技術に関する本は、以下の本がかなり参考になりますよ。


 

努力が続けられる環境に追い込む

努力を続けるためにも、環境を用意することも重要。

いわゆるジムに通ったり、塾に通ったりするのも、環境ですね。

 

環境が、やらざるを得ない状況に追い込んでいきます。

やらざるを得ない環境を作るのに、わかりやすいのがお金をかけること。

  • 教材を買う
  • 説明会にお金を払う

あとは時間を、さきに予約してしまうのもアリ。

 

お金と時間を固定してしまえば、もうやるしかないですかね。

僕はこのやらざる得ない環境をよく利用します。

 

正しい努力か、ときどき確認する

最後に、自分の努力が正しいのか定期的に確認してください。

ときどきでいいので、自分が正しく進んでいるか把握してください。

 

確認するためには、定点的に観測できる『数値』が望ましい。

たとえばテストで100点取ることが目標なら、それに対してどこまで進んでいるか確認すること。

  • 努力の時間で計測
  • 曖昧な数値で計測

上記のようだと、正しい努力がよくわからないのでやめましょう。

自分が進んでいるかよくわからなくなるため、継続しにくくなります。

 

努力が見えないまま、走り続けることは無理です。

だからこそ数字で管理して、正しい努力かときどき確認することですよ。

 

努力が続かない原因:まとめ

崖を登る男性

努力を続けるためには、正しい技術と、正しい努力が必要です。

やっぱり結果がでれば嬉しくなるし、努力を続けやすくなりますね。

 

努力が続かないという人は、いま一度、本記事の内容を参考にしてみてくださいね。

努力を続けるための5つのステップ

  • 目標明確にすること
  • 自分を妨げるものを把握する
  • 続ける努力を身に付ける
  • 努力を続けられる環境に追い込む
  • 正しい努力かときどき確認する

そもそも、自分がやりたいことが迷ってる人は「自分の得意なことを見つける方法」を参考にしてみてくださいね。

本日は以上となります。

-ライフ
-

© 2020 Teshiyan Blog Powered by AFFINGER5