就活に失敗した僕のその後・末路を晒します【すべて体験談です】

2021年3月7日

就活失敗したその後の末路

就活に失敗した、その後の末路はどうなるのだろう…。

こんな疑問にお答えします。

本記事で分かること

  • 就活失敗した人の末路
  • 就活に失敗した僕の体験談
  • 僕が就活に失敗してしまった原因
  • 結果的に就活に失敗しても問題がなかった
  • 就活に失敗したあなたが取るべき行動とは

僕自身、就活に失敗してフリーターやニートも経験したことがあります。

当時は絶望をしていましたが、結構なんとかなるものです。

 

いまとなって思えば、就活失敗してよかったなといえますね。

本記事を読んでいるあなたは「いま就活に失敗している状態」なのかもしれません。

 

いま現状に絶望していて、人生が終わったと感じる人もいるでしょう。でも大丈夫。

ぜひ本記事を参考にして、これからの行動を考えてみてください。

 

僕が就活に失敗した後についても詳しく晒していくので、ぜひ参考にどうぞ。

最後まで読んでもらえれば、あなたがこれから何をするべきか見えてくるはずです。

就活がうまくいかないなら…

絶対に転職エージェントを活用しましょう。
履歴書添削や面接のフィードバックも受けられるので、就職率もグッと上がります。

転職エージェントを使う前は我流でやっていたので「もっと早く使えば良かった!」と後悔したほど。就職Shopは僕もお世話になったので、就活で上手くいかない人にはおすすめですよ。

\ 書類選考なし案件豊富!優良企業が見つかるかも /

就職Shopに登録してみる

就活失敗した人の末路とは?

階段の前に立つ

就活に失敗した人は、以下のような進路に進めるケースがほとんどです。

  • 留年
  • ニート
  • フリーター

なかには海外留学する人もいますが、かなり稀といえます。

それだけ行動力があれば、普通に就職はできそうですが。

 

多分、留学する人は、就職が合わなくてやめたかもしれませんね(笑

またネットでは留年をおすすめする人もいますが、実際留年する人はほとんどいません

 

来年のために1年分の学費を払う人は、少ないもの。

しかも1年留年しても、翌年に就活がうまくいく保証はないですからね。

 

ぶっちゃけほとんどがフリーターになって、一部はニート生活をする傾向が多いです

アルバイト先で正社員になる人もいれば、既卒で就活をするケースもあって様々ですね。

 

体感からいえば

  • フリーター:80%
  • 留年:5%
  • ニート:5%
  • 海外留学:1%
  • その他:9%
てしやん
みたいな感じですね。

 

就活に失敗した僕のその後・末路【実体験】

就活に失敗した男

僕自身、就活のときは100社以上は受けましたが、失敗しました。

あまり内定はもらえなかったですし、地方から都心部に行ってお金もなくなりましたね。

 

最終的に就職しないまま、大学卒業を迎えてしまったのです。

当時は一人暮らしだったのですが、意味はないので実家に戻ることになります。

 

実家から逃げ出して、県外へ逃亡そのままフリーター

実家に帰省していたのですが「このままじゃダメだ」と思い、県外に逃げました。

正直、就職する気もあまりなかったので、とりあえず1年ほど時間が欲しかったのです。

 

そのままフリーター生活になります。

当時は小説を書きたい!なんて厨二丸出しの発想で、県外に飛び出すことに。

 

そのままフリーターを1年ほど経験しましたが、以下のアルバイトをやっていました

  • 新聞配達ー1時間ほど
  • コンビニー3時間ぐらい

フルタイムで働いたら正社員と変わらないじゃん、と謎のプライドで、なるべく時間を空けていました。

 

14時間ちょっとの労働で、残りは小説を書く生活です。

で、肝心な小説はというと、あまり書けずに終わりました(笑

 

時間があればサボってしまいますし、意外と頑張れないものです

このままじゃダメだー、と思って実家に戻ります。

 

1年ちょっとで戻るものの、地元で就職

県外から実家に戻ってくると、そのまま就職しました。

ただぶっちゃけ空白期間があったので、なかなか面接も通りません。

 

半年は、ハローワークに通いましたね

ハローワークってなかなかいい案件もなくて、良さそうなところは少なかったです。

 

結局、2社の会社に受かってお世話になりました。

  • 農協
  • 地元の食品会社

最初は農協に受かったものの、1週間でやめてしまいます。

 

あまりにも合わなくて、金融系は無理となってわずか5日で終了。

と同タイミングで、地元の食品会社に受かっていたので、そちらでお世話になりました。

 

重労働でキツいから、転職する

食品会社は、3年ほど働きました。

ぶっちゃけ今までのどのアルバイトよりも、キツかった経験があります。

 

腰を痛めましたし、身体がとにかくシンドい

最終的には製造に入ったり、営業をしたりと、やりがいはあったもの将来性がなく、転職しました。

 

食品って給料も上がりにくいから、微妙だと感じていたのですよね。

その後は、就職Shopの転職エージェントを通じてIT企業に転職

てしやん
地元の会社から、上場企業へ転職でしたね。

 

会社という働き方が嫌で、フリーランスへ

IT企業も3年ほどで、退職しました。

IT企業はベンチャー気質だったので、色んな経験が積めたのがよかったです。

 

ただ会社という不自由さが嫌だったので、最終的にフリーランスを目指すことに

会社にいながら勉強して、稼げるようになってフリーランスの道にいきましたね。

てしやん
もちろん楽じゃなかったですが、今はずっと自由です!

とまあ、これが僕の就活失敗した後の末路になっています。

 

正直、就活失敗はしたものの、なんとでもなってますね。

食品会社は有限会社でしたが、上場企業へ転職できたので、本人次第なところはあります。

 

就活失敗で、いきなりフリーランスはやめとけ

フリーランスになろうかな…。

いまやフリーランスで働こうかな、と考える人もいるでしょう。

実際、僕もフリーランスなので、気持ちはわかります。

 

ただ1つ言えるのは、就職もせずにいきなりフリーランスはおすすめしません

スキルもなければ、なかなかお金は稼げないのが実情です。

  • 投資
  • せどり
  • 動画編集
  • WEBライター

などネットで探せば、稼げるかもと思いますが、そこまで甘くないですよ

案件があったとしても低賃金で、バイトの方がマシといえる仕事も多いです。

 

会社員になりたくないからフリーランスになっちゃおう〜、なんて甘い話ではありません。

もしフリーランスになりたいなら、会社員で働きながらスキルを身につけるのが安全です。

てしやん
ちょっと話が脱線しましたね…。

 

僕が就活に失敗してしまった原因

丘の上に立つ男

就活をしていたときは、気づかなかったですが、色んな失敗をしています。

いま思えば、面接も通らなくて当然な部分も多かったです。

 

僕が就活でやらかしていたのは、以下の3つでした。

  • 高望みをしていた
  • 圧倒的な自己分析不足
  • 数を受ければなんとかなると思っていた

それぞれ解説していきますね。

 

高望みしていた

自分の実力に見合わない企業ばかり受けても、ほぼ通りません。

僕は有名大学でもなかったのに、メディア関係ばかり受けていたのです

 

学力も実力もなかったのに、なんとかなるだろう、と思っていました。

また、自分の実力不足を認めていなかった点も大きいです。

てしやん
メディア関係は大学に入ったときから、決めていたのですよね。

実力不足でも、受けまくっていた記憶があります。

またメディア以外でも、高望みの企業を受けていた記憶がありますね。

 

圧倒的な自己分析不足

メディア関係の志望動機は決まっていたものの、他はザルでした(笑

自分なりに面接対策はしたつもりでも、自己分析が甘かったのです

 

自己分析ができていないと、相手に伝えることができません。

最初は意気揚々と話せるものの、突っ込まれるとあやふやな回答に。

 

論理的な思考が欠けていたため、突っ込まれると弱かったのですよね。

またメディア以外の企業は、いま思えば「なんとなく」受けていました。

 

だから自分のやりたいことがフワフワして、面接官にも伝わらなかったのです。

圧倒的な自己分析が弱かったので、就活は失敗しました

 

数を受ければなんとかなると思っていた

数打てば当たるの戦略が有効だと思っていました。

採用されるかどうかは、運や企業との相性があると考えていたからです。

 

実際、運もありますが、僕には実力がなかったのですよね

就活のスケジュールはとにかくパンパン。

 

毎週エントリーシートを5枚ほどは出していた記憶があります。

しかも東京や大阪に面接もいってましたし、受ける数も多かったです。

 

でも受けても受けても「お祈りメール」ばかりが募っていました。

てしやん
当時はメールを見るのが怖かったです…。

»人生終了!就活失敗すると人生終わりだと感じる3つの理由【実体験】

 

就活を失敗しても、問題はないです【むしろその後が肝心】

喜ぶサラリーマン達

僕は就活を失敗しましたが、結果的にはよかったといえます。理由は2つ。

就活失敗してよかった理由

  • 失敗したことで、より自己分析ができたから
  • そのまま就職しても結局やめていたと思うから

就活に失敗する人にも、色んなパターンはあります。

そもそもエントリーシートが通らなかったり、筆記で落ちたりあとは面接ですね。

 

結局、面接が通らないと採用されません。

そして面接を通すには、自己分析が弱いと上手くいかないケースが多いかと。

  • 高望みをしていた
  • やりたいことがボンヤリだった
  • 働いて何をしたいか明確ではない

これらって、すべて自己分析が弱いのです。

就活を失敗していた頃は「どうして受からないんだ」と嘆いていましたが、自分に合っていなかったといえますね。

 

実力も、やりたいことも、働いた後のイメージもなかった。

だからもし僕が就職したとしても、結果的にやめていたと断言できます。なんとなく就職しても、続きませんからね。

 

就職してもボロボロになるやつも多い

就職して、3年以内でやめる人は3割以上もいます

だから就職するのがすべてではないですよ。

 

せっかく就活で頑張ったのに、数年経ったらボロボロになっている人も多いぐらいです。

事実、僕もなんとなくで就職しても、3年ぐらいしか続きませんでした。

 

だから第一志望の企業に就職できる=いい人生が送れる、というではありません

むしろ就職したことで、ブラック企業だったり、精神的に病んでしまうことにもなります。

てしやん
僕の友達でも10年ぐらい同じ仕事やって人もいますね…

友達も新卒で入ったけれど、ずっと辞めたいと嘆いています。

でも結婚もして子供もいるので、転職も難しいといってダラダラと続けていますね。

 

就活で失敗しても、大丈夫です

1ついえるのは、就活で失敗しても終わりではないってこと。

むしろ社会人になってから、自分の行動次第になります

 

ぶっちゃけ社会人になってからの方が、時間は長いですからね。

あと50年近く働くのですから、いくらでも変化は起きますよ。

  • ダラダラ働くのもその人次第
  • ニートになって惨めになるのもその人次第
  • 転職でキャリアアップを目指すのもその人次第
  • 会社員になってフリーランスになるのもその人次第

就活で失敗したのは、1つの結果

 

ですが、結局はその後の行動で結果は変わってきます。

就活でやらかしたのも一経験として、今後の糧にできればOKなんですよ。

 

就活失敗したあなたがこれから取れる行動

サラリーマンは行先を考える

もし本記事を読んでいるあなたが就活に失敗したばかりなら、いくつか提案があります。

以下の4つのどれかを行動しましょう。

就活に失敗したあなたが取るべき行動

  • 留年する
  • エージェントに相談する
  • ブログを書いて自己分析してみる
  • 自分の価値を上げるスキルを身につける

1つずつ解説していきますね。

ちなみに①の選択肢以外は、フリーターをしながらの行動になります。

 

留年する

冒頭で留年は難しいよ、といいましたが留年も選択肢です。

留年をするメリットは自己分析を進めることができたり、時間をフルに勉強に使える点にあります。

 

ただモチベーションも保つのが難しいのと、お金の問題にぶつかりますね

てしやん
そこは親と相談しましょう。

ちなみに就活失敗したからといって、安易に留年をおすすめはしません。

 

もし留年をするなら、以下の条件に当てはまる人を推奨します。

  • 新卒採用しかない会社(そこじゃないとダメ)
  • 留年期間中に、勉強する内容に目処が立っている場合

新卒カードを使わないと、入れない企業もあります。

 

ただ絶対にその会社じゃないとダメ!と思えるなら、留年もありでしょう。

あとは留年期間中のスケジュールをちゃんと組んでから、親に相談してください。

 

エージェントに相談する

既卒にはなりますが、転職エージェントに相談するのも1つの手。

フリーターをしながら、エージェントで就職活動をしましょう。

 

実際、僕が再就職でIT企業に入ったときは、就職Shopという転職エージェントにお世話になったものです。

転職エージェントの良いところは、

  • 穴場企業を紹介してくれる
  • あなたに合った企業を探してくれる
  • 面接対策や、落ちたときでもフィードバックをくれる

サポートも厚いので、ぜひ推奨します。

エージェントだと担当がついて、客観的な意見をくれるので、就活にも活かせます

 

まじでエージェントを新卒採用で使えばよかったと後で後悔しました。

新卒だと一斉採用のため、なかなか転職エージェントを活用する人はいないのですよね。

 

僕が実際に使ってよかった、就職Shopの公式サイトを以下に載せておきます。

»クリックして就職Shop公式サイトへ

 

ブログを書いて自己分析してみる

ブログを書いて、自己分析するのもおすすめです。

文章を書くことで、客観的に自分のことが見えてきます

 

就活でもエントリーシートや、面接対策にもなりますよ。

ブログは自己分析にも役に立つし、将来的には副業という選択も持てます

てしやん
ちなみに僕はブログで生活しちゃってます…笑

文章を書くことは色んなスキルに繋がるので、もしブログを始めてみたい方は以下の記事をどうぞ。

 

誰でも5分もかからず、ブログを始めることができます。

 

自分の価値を上げるスキルを身につける

あとは、自分でスキルを身につけることです。

スキルを身につけるというと、資格を取得するイメージを持つ人がいるでしょう。

 

でも資格は必ずしも就活に直結するといえないので、微妙。

おすすめは、プログラミングスクールに通うことです

 

プログラミングは手に職を持つのは、ベストな選択肢といえます。

プログラマーは世の中に不足していますから、就職もしやすいのです。

 

また年収も平均で600万円と高く、安定した職業になります

プログラミングスクールでも色々ありますが、0円スクールがよいです。

 

費用も一切かからないので、お金の心配もありません。

0円スクールは、プログラミングが勉強できるうえ、就職の斡旋まで行ってくれます

 

書類選考なしで、面接のみだから就活も楽になりますよ。

もし興味がある人は0円スクールで、説明会を聞いてみましょう。

 

就活は失敗してからがスタート、その後はなんとでもなる:まとめ

以上、僕の就活失敗した経験と、その後の末路についてでした。

就活失敗して死にたいと考える人もいますが、もったいないです。

 

人生はまだまだ長いので、いくらでも修正は利くと断言しますよ。

むしろ就活失敗してからが、スタートです。

 

その後はなんとでもなるので、後ろめたい気持ちは封印しましょう。

ぜひ本記事を読んで、ちょっとでも気持ちが動いたなら、行動してください

 

本を読んでも満足しただけでは、意味がありません。

自分から動いてみることでしか、現状に変化は起きないのですよ。

 

千里の道も一歩から、ぜひ頑張ってくださいね。

就活失敗で死ぬしかない
【絶望】就活失敗で死ぬしかない…でもほんとにその選択肢しかないの?

続きを見る

 

就職で失敗したあなたに…

人生を逆張りする

ここまで読んでいただき、ありがとうございます

最後にお伝えしたいのは、就活に失敗したとしても「あなたは必要のない人間ではない」と声を大にして言いたいです。

 

僕の就職活動では、ESは通らないし、面接をしても落とされ、行けそうな雰囲気があっても、結局は落とされることがほとんどでした。

いつも結果のメールを開く度、胃がキリキリと痛くなった記憶しかなく、嫌な思い出しかありません

てしやん
受かるかも!と思っていたのは、最初のほうだけでした…

 

最後には、僕も就活失敗して絶望して「自分は社会にいらない存在なんだ…」と落ち込んだものです。

数年経った今では社会人として働けていますが、当時は視野がどんどん狭くなって、自分へ責めてしまうのですよね。

 

確かに、あなたは就活で失敗したかもしれません。

でも失敗したからといって、あなたは必要のない人間とは限らないですよ。

 

今はシンドいですが、どうか自分は必要のない人間だと投げ出さないでください。

世の中には「あなたを必要としてくれる会社」は必ず、ありますよ。

 

とはいっても「頑張れば内定もらえる」「今までの会社は縁がなかっただけ」「根気よく就活を続けるのが大事」「そのうちいい会社が見つかるよ」なんて薄っぺらな言葉はいいません。

むしろこのまま新卒と同じやり方で就職活動をしても、まず内定はとれないです

てしやん
新卒の二の舞になるだけですよ…

 

なぜなら新卒と同じやり方のままでは、あなたの良さを出し切れず相手に伝わらない可能性が高いからです

結局、相手に伝わらないと面接だって通りません。

 

しかも就活で失敗すると、どんどん視野も狭くなって「自分の何が悪いか」見えなくなるものです。

結果、自分を責める言葉しか出てこず、後ろな気持ちで就活も上手くいかない…。

 

どんどん就活で上手くいかない悪循環に陥ってしまいます。

そんな就活で失敗した人には、ぜひ転職エージェント「就職shop」を活用しましょう

就職shop

僕自身、就職shopを通じて転職活動を行いましたが、数社内定をもらうことができました。

新卒時代には、ほとんど内定がもらえなかった僕なのに、です。

 

就職shopは専門のキャリアアドバイザーから、添削や面接のフィードバックも受けられます

ようは、客観的なアドバイスをもらえるので、対策が立てられるのですよね。

  • 履歴書での書き方を教えてもらう
  • 面接でのあなたの印象を聞ける(受けた会社なら)
  • 自己PRを聞いてもらい、修正するポイントを直せる

フィードバックを受けられるので、闇雲に会社を受ける必要はありません。

 

しかも就職shopは未経験でも大丈夫な案件もあって、そのうえ書類選考なしで受けられるところが豊富。

僕はフィードバックを活用して、面接のたびに修正していったら、当たり前のように面接が通るようになりました

 

F欄卒でダメダメだった僕でも、内定はもらえたので、あなたにもきっとできますよ!

就活失敗して絶望する気持ちはわかりますが、諦めるのは勿体ないです。

 

あなたを必要としてくれる会社は、必ずあります

就職shopは無料で使えるので、まずは登録してみましょう!

\ 未経験でもOK!優良企業が見つかるかも /

就職Shopに登録してみる

-働き方
-

© 2021 Teshiyan Blog Powered by AFFINGER5