文系大学生がやるべきこと【結論】→恋愛、実績、スキルに力をいれる

2020年6月13日

文系大学生がやるべきこと
大学生活はぶっちゃけ暇…でもせっかくだから後悔したくないな。
大学生って何をやるべきなんだろう。

僕も大学生のころは、同じように思っていました。

 

せっかくの時間を無駄にしないためにも、今回は文系大学生がやるべきことを紹介します。

本記事で分かること

  • 文系大学生だからやれることがある
  • 文系大学生のうちにやるべきこと
  • 文系大学生がやるべきではないこと

大学生活でわりと後悔したこともあります…。

本記事を読んでいる人には、ぜひ後悔のない大学生活を送っていただきたいですね。

 

まずは文系大学生だからこそ、やれることについて解説します。

文系大学生だからやれることがある

二人の男と時計

大学生、とくに文系大学生だからこそ、やれることがたくさんあります。

大学生の武器は『時間』といっても過言ではありません。

 

文系4年間でとる授業の数は、短大生と一緒ですから、2年引き伸ばしているだけなのですよね。

また大学でも勉強をしますが、授業だって高校生と比べると、すくないことが分かります。

  • 高校生45分×6コマ
  • 大学生換算だと、3コマ/1日

1年生ならまだしも、4年生でずっと3コマ取っている人はいません。

つまり大学生は圧倒的に「時間」があるのですよね。

 

大学生だからできるもの

大学生だからできることは、大きく分けると2つあります。

  • 「今しか」できないこと
  • 「今だから」できること

前者は大学生のあいだにしか、できないことになります。

 

一方で後者は大学生だから「できること」になりますね。

この辺りを分けて考えると、大学生でやるべきことが見えてきます。

 

文系大学生のうちにやるべきこと【結論】→恋愛、実績、スキルに力をいれる

両手を上げる人

文系大学生でやるべきことを2つの軸で考えたとき、やるべきことはハッキリします。

文系大学生がやるべきこと

  • 今しかできないこと → 恋愛
  • 今だからできること → 実績を作る、スキルを身につける

それぞれ解説していきますね。

 

恋愛をする

大学生にこそ、恋愛に力を入れて損はしません。

大学生はもっとも出会いが多いですからね…社会人になると出会いは皆無です。

 

大学生は学内での出会いも多いし、学外でもバイトをすれば知り合いは作れます。

  • 授業
  • サークル
  • アルバイト

大学生は人生のなかで、もっとも出会いを増やせるチャンスともいえます。

 

そんなタイミングだからこそ、思いっきり恋愛をするのはアリです。

恋愛だけで他が疎かになるのはよくないですが、恋愛はいましかできないことですね。

 

読書する習慣を作る

大学生のうちに、読書をしておく習慣を身につけておくべき。

大学生で読書する習慣があるだけで、社会人になって大きな差が生まれます。

 

読書は思考力が身につくので、本を読んでいないと社会人で伸び悩みますよ。

てしやん
社会人は、月1冊も読んでいないですからね

ちなみに読む本は、なんでもいいです。

 

まずは自分の興味のある分野の本を、読みあさってみてください。

本を読むことを大学生のうちから、当たり前にしておきましょう。

 

実績を作る

時間があるので、ダラダラと過ごしていたら、もったいない。

在学中になんでもいいから、実績を作ることをおすすめします。

 

実績があると、就活で有利になりますよ。

  • 部長経験
  • 大会での成績
  • 自分がなし遂げたこと

とくに気にして欲しいのが「数字」や、目に見える成果ですね。

部活、頑張ってました!といっても就活では、あまりアピールにはなりません。

 

成果があれば会社に入っても、活躍できそうな人!という印象になりますからね。

だからこそ大学生のうち、何でもいいから実績を作りましょう。

 

イベントを開く

個人的におすすめしたいのが、イベントを開くことです。

ライブイベント、トークイベントを開くことで、色んなノウハウが身につきます。

  • 運営スキル
  • 集客スキル
  • イベントの準備

そして何よりイベントを開くことで、お金を稼ぐことが可能。

僕はライブイベントを実施しましたが、1回で5万円ぐらいは稼げています。

 

イベントを開くことでノウハウ+自力で稼ぐ術を身につけることが大きいですよ。

イベントを開けば実績にもなるため、おすすめです。

 

プログラミングを学習する

勉強したいことがない…こんな人ならプログラミングを勉強しましょう。

プログラミングは、覚えてまったく損はしません。

 

日本でもプログラミングできる人が足りないですし、今後も必要なスキルとなります。

てしやん
しかも平均年収は700万!

そのうえプログラミングで、フリーになる道だってありますからね。

 

フリーになれば、平均年収が800万ほどあります。

一流企業を目指すよりも、プログラミングを勉強したほうが、はるかにいい就職ができますよ。

 

プログラミングに興味がある人は、テックアカデミーで無料体験を受けてください。

てしやん
正直、プログラミングはやってみないと分かりません

ではここから、文系大学生がやるべきではないことについても、紹介しますね。

 

文系大学生がやるべきこと以外で無駄なこと

ストップ

まじで大学時代にやるべきじゃないな…と思ったことは、以下の3つになります。

大学での無駄なこと

  • 資格を取る
  • ギャンブル
  • 過剰なアルバイト

それぞれ解説していきます。

 

資格を取る

一見、資格を取ることは良さそうですが、あまりおすすめしません。

なぜなら、社会人に出ても使えない可能性もあるし、就活アピールでも弱いからです。

 

会社に入って使わなかったら、まじで時間とお金の無駄ですからね。

また就活においても、実績と比べたら資格は弱いです。

 

例えていうならば、

  • 部活経験=資格
  • 大会優勝=実績

みたいなものでしょうか。

 

よほど難しい資格なら実績になりますが、ほとんどの資格はアピールにもなりづらいです。

だから実績をるほうが、価値があります。

 

ギャンブル

大学生で時間もお金をあるので、ギャンブルをやりがち。

射幸心をあおるだけで、ギャンブルは時間+お金の浪費になります。

 

ギャンブルをやっているときは面白いですが、終わると残りません。

てしやん
みんな分かってるのですけどね

周りがやっていると、ギャンブルの誘いだってあります。

 

ここはしっかりと断って、有意義に時間を使うことをしましょう。

ギャンブルで人生を棒に振ることもあるので、絶対にギャンブルはNGです。

 

過剰なアルバイト

大学生になると、やたらバイト中心の大学生がいます。

これもぶっちゃけ無意味で、ハッキリいって時間の無駄遣いです。

 

遊ぶお金が欲しいのはわかりますけどね…。

アルバイトの時給は、社会人になって働く時給よりも低いので、もったいないです。

 

社会人になったらやめたいと思うぐらい働くので、大学生のうちにアルバイトで食いつぶすのはNG。

てしやん
バイトがメインの大学生はいますよね

この記事を読んでいる大学生は、なるべくバイトを減らして、実績や自分で稼ぐ力を身につけましょう。

 

文系大学生がやるべきこと:まとめ

男とチェックリスト

文系大学生は時間があるからこそ、何をしたらいいか分からなくなりますよね。

時間があるのは大学生だけでから、いまのうちに有効に使いましょう。

 

社会人になると、1ヶ月休みを取れるなんてこともないですよ…とりあえず、今のうちに動きましょう。

文系大学生がやるべきこと

  • 恋愛をする
  • 読書をする習慣を作る
  • 実績を作る
  • イベントを開く
  • プログラミングを勉強する

やりたいことも、やるべきこともたくさんありますが、効率よくこなしていきましょう。

色んなことが続かない人は「努力が続かない原因」について読んでみてくださいね。

 

本日は以上となります。

人気記事あなたの人生観が変わるおすすめの本を7冊、紹介

人気記事【たった5分でOK】副業ブログの始め方を1から解説します

人気記事【ブラック→ホワイトに転職】"IT業界"に有利な転職サイト・転職エージェント3つ

-ライフ
-

© 2021 Teshiyan Blog Powered by AFFINGER5