人生は適当に生きると、楽しい話【好きなように生きても何とかなる】

2020年6月20日

人生適当に生きる
人生を適当に生きたいなぁ…どうしたらゆるく生きられるのだろう

こんな疑問にお答えします。

本記事で分かること

  • 人生を適当に生きることができない理由
  • 海外の人が適当に生きられるのは、個々で生きてるから
  • 人生を適当に生きたいなら、まず断ることから始めよう

僕自身、かなり人生を適当に生きています。

バイトもバックれたこともありますし、わりとドタキャンもしていますね。

 

人生の生き方だって、ブログを書いてゆるりと生きています。

一方で、人生を適当に生きることはできない人って、ある特徴があるのですよね。

 

まずはそちらから解説していきます。

人生を適当に生きることができない理由

パソコンを見つめるパグ

結論からうと、周りが気になるからです。

人生は適当に生きようと思えば、適当に生きられます。

 

いきなり仕事をやめても大丈夫だし、海外に移住してもなんとかなります…まあ、あまりおすすめはしませんが。

あとは小さなことといえば、仕事をサボったりすることも、なんとかなります。

 

いい意味で適当でOK…ただできない。

でもほとんどは周りの目をにして、適当にいけないのです。

  • 批判されるのが怖い
  • 社会から外れるのが怖い
  • 変な目で見られるのが怖い

周りが気になるから、適当に生きることに抵抗があるのです。

 

日本は適当は不真面目=叩く対象

日本の場合だと適当に生きていると、叩かれる対象にもなります。

仕事をサボったら不真面目とみられて批判されるし、フリーターだと正社員になれ、といわれます。

 

僕はどうしてそんなに適当なんだ!といわれたことすらありますね。

日本だと勤勉=美徳みたいなところがあります。

  • 仕事は我慢するもの
  • 真面目に生きるのが正しい

でも、この考えは古いです。

世の中、海外で過ごしてゆるく生きてる人だっています。

 

友達はバックパッカーとして、フラフラと各国を旅行していますよ。

真面目に生きることもいいですが…とはいっても適当に生きることはダメではありません。

 

日本だと異物を排除するような、動きを取ろうとします。

サボって適当にいると、叩かれる対象となりますね。

 

僕は気にせず、サボった

でも僕は、あまり周りを気にしませんでした。

理由はいろいろありますが、やりたくないからサボったケースがほとんど。

ただサボったところで、大きな問題はなし。

怒られても、好きなことを制限されることの方が、はるかにしんどいです。

 

いまはブログを書いて、ゆるりと生きています。

はっきりいってこっちのほうが、はるかに楽しいですね。

 

僕は海外に住んでいた経験もありますが、やっぱり日本人と比べると、海外の人は人生を適当に生きてる感じがします。

 

海外の人が適当に生きてるのは、個々で生きてるから

携帯を見る女性

海外はいい意で、適当です。

夏になれば上半身裸のおっさんがウロウロしてますし、水着で過ごしてるオバさんもいます。

 

彼らはハタからみると、かなり適当に見えますね。

その理由は周りを気にせず、個々に生きてるからだと感じます。

 

そのうえ海外だと、色んなことがゆるいです。

  • 電車は遅れるのが当たり前
  • スーパーでレジ前に食べる人もいる
  • 営業なのに長期休暇で、連絡が取れない

日本の価値観からすると「なんて不真面目な」と思うかもしれません。

 

でも海外だと普通にあることで、かなりゆるゆるですよ。

不真面目だからこそ海外の人は、個々に生きてる人が多いのかも。

 

海外は、人をあまり叩かない

ちなみにですが、海外の人は周囲を叩くことをしません。

違いを受け入れる文化ですから、そもそも叩かれることは少ないですね。

 

もし奇抜なことをやっていれば「クール!」といって褒められますし、チャレンジしていると応援してくれます。

日本だと白い目で見られますけどね。

 

海外の人は周りを気にしないからこそ、批判はせずに、しっかり主張します。

てしやん
日本とは大違いです

わりと有名な話ですが、YouTubeでは日本が世界一「低評価を押す国」みたいです。

 

有名なYoutuberでも、ちょっとしたことで低評価を押す人が、続出します。

表ではニコニコするけど、ネット上ではガッツリ批判するのが日本人。

 

すぐに批判するから、まわりも気にしてしまう性格になってしまうのかもしれませんね。

みんなに嫌われるのが怖いと思うのも無理もありません。

 

僕が適当になったのは海外経験かも

わりと適当な性格な僕ですが、原点は海外に住んでいた経験にあります。

日本人の価値観とはあまりに違ったので、いい意味で吹っ切れました。

 

だから真面目で悩んでいたり、適当になりたい…そんな人は一度海外に住んでみることをおすすめします。

なかなか簡単ではないですが、数ヶ月いるだけでも、だいぶ価値観は変わりますよ。

 

でも海外なんて住めないし、どうしたら適当に生きることができるのか…こちらも紹介します。

 

人生を適当に生きたいなら、まず断ることから

断る男

人生を適当に生きるためにも、まず周りの執着を断ち切ることをしましょう。

周りを気にする結果、生きづらくなっていませんか。

 

でも断ることができる人になれば、自分らしく生きられます。

  • やりたいことをする
  • 適当な考えになってみる

適当に生きる=自分の考えに忠実に従うこと。

 

まわりのいうことを、全て受けていると適当に生きることはできません。

だからまずは、相手の要求を断ることから始めればいいですよ。

 

多分、叩かれます

ただ断っていると、そのうち叩かれます。

要求を断ると、イラついたりする人も出てきますからね。

仕事を振ったのに「なんてあいつはやらないのだ!」といわれるかもしれません。

遊びを断っていると「付き合い悪いな」と批判されることもあります。

 

ただ人生を適当に生きたいなら、叩かれるのも気にしないこと。

振り回される生き方では、まず適当には生きられないです。

てしやん
ぶっちゃけ慣れます

 

むしろ適当に生きるほうが、まわりを気にしなくていいので、楽しいです。

自分でいろいろ考えて動けるので、楽ですよ。

 

自由に生きてOK

正直、日本人はもっと自由に生きればいいですよ。

人生を適当に生きていても、多分日本ならまず、死にません。

 

国民の資格があれば、生活保護も普通に受けられますからね。

安易に利用するのはよくないですが、そのぐらい日本人は安全ってことです。

てしやん
日本で餓死した友達っていませんよね

むしろ日本こそ適当に生きるのに、ふさわしい環境です。

周りの目を気にしなければ、日本はかなりヌルゲーですね。

 

だからこそ、もっと人生を適当に生きれば問題ありません。

相手の要求なんて、どんどん断ればいいのです。

 

どうしても自分の価値観がぶち壊せないなら、海外に旅行でもしてみましょう。

違う価値観に触れれば、ちょっとは実感を持てますからね。

 

人生適当に生きる:まとめ

怠けるパグ

日本人は、ちょっと真面目すぎるぐらいです。

もっと周りを気にせず、肩の力を抜くぐらいがちょうどいいですよ。

 

日本にいる限り、人生をわりと適当に過ごしていても、死ぬことはありません。

本日の内容をまとめると、以下のようになります。

人生を適当に生きる:まとめ

  • 人生を適当に生きれないのは、周りを気にするから
  • 海外の人は、個々で生きてるから、適当に生きれてる
  • 人生を適当に生きたいなら、海外に住んでみよう
  • 海外に住めないなら、まず断ることをしよう

いまある日本の環境を活かして、適当に過ごしてみてください。

わりと何とでもなるので、大丈夫ですよ。

人気記事あなたの人生観が変わるおすすめの本を7冊

人気記事人生を変えたい20代がやるべきこと【手順を3つ解説します】

人気記事人生を変えたい大学生に必要なものは圧倒的に「時間」です【実績を作ればOK】

-ライフ
-

© 2021 Teshiyan Blog Powered by AFFINGER5