どうしても痩せたい50代におすすめダイエット3つ【10キロ・20キロ】

2020年12月12日

どうしても痩せたい50代

どうしても痩せたい…

50代にはどんなダイエットがいいのかな?

こんな疑問にお答えします。

本記事で分かること

  • 50代は痩せたいと思っても、痩せにくい理由
  • どうしても痩せたい50代向けのおすすめダイエット3
  • 50代のダイエットは食事も重要
  • 50代のダイエットを成功させるポイント3

てしやん
こんにちは、てしやんです!

僕はこれまでに、50kg以上のダイエット経験があります。

僕自身ダイエットが得意で、リアルでも50代や60代のダイエット相談を受けたことがありますね。

30代まではスタイルをキープできていた人も、50代になって太ってしまった人も聞きます

 

昔はもっと簡単に痩せられたのにと以前のことを思うと悲しいですよね。

なんとかして痩せたい…!

そこで今回はどうしても痩せたい50代向けに、おすすめのダイエットを3つ厳選

ぜひ本記事を読んであなたが痩せない原因から、どんなダイエットを行うべきか知ってください。

これからダイエットを始めるなら…

体重管理の"Finc"のアプリがおすすめ。
体重記録・カロリー計算・歩数計・AI主導によるアドバイス・トレーニングなどを携帯1つで完結できます。

無料でダイエットに役立つ情報もあるので、興味がある方はダウンロードしてみてください。

Fincアプリ

»【無料アプリ】Finnをダウンロードする

どうしても痩せたいと思っても、50代は痩せにくい理由

けだるい猫

結論からいうと、50代は基礎代謝が落ちてるので、痩せにくい身体になっています

基礎代謝が落ちるのは、筋力低下が原因

 

筋力が低下することで、1日に必要なエネルギーが少なくなります。

だから普段からあまり食べていない人でも、体重が落ちないことがありますね。

基礎代謝のグラフ

引用:Olive Channel

基礎代謝の低下は、加齢とともに下がっていきます

ピークは15歳〜17歳の1600kcalですが、50代になると男女で見ても、200kcal以上は落ちていますね

てしやん
200kcalは、白ごはん1.5杯分ほどです。

脂肪を落とすのに、8000kcal必要といわれています

 

30代とおなじような食事をしていたら、ちょっとずつカロリーオーバーになりますね。

50代が体重が増えてしまう原因も、体重が減らない原因も、基礎代謝の低下が原因です。

 

放置すると健康寿命も短くなる

肥満体型でいると、やはり健康が気になります。

残念ながら太ったままだと、病気リスクも跳ね上がりますね

 

生活習慣病にかかりやすいので、色んなものを併発させやすい。

肥満だと当然、病気になりやすいので健康寿命も短くなります。

健康寿命と平均寿命

出典:内閣府『平成30年版高齢社会白書

健康寿命平均寿命
男性72.1480.98
女性74.7987.14

てしやん
健康でいられるのも、あと20年ぐらいですね。

ですが肥満のままだと、健康寿命もずっと短いでしょう

 

糖尿病になったり、大きな病気が見つかったら、あと10年ぐらいかもしれません

今後も健康になるためにも、これから余生を楽しむためにもダイエットを頑張りましょう。

てしやん
定年したら、すぐに病気…なんて嫌ですよね

 

60代以降、健康に過ごしたいならまず筋肉をつけよう

痩せるためにも、健康を維持するためにも、筋肉をつけましょう。

筋肉がなくなると、どんどん身体も動かなくなりますよ。

 

身体の不調だって、もしかすると筋肉不足が原因かもしれませ

  • 腰痛
  • 肩こり
  • 疲れが取れない
てしやん
ぜひ筋肉を増やして、上記の悩みを解消させましょう。

もちろん痩せるためにも、健康になるためにも筋肉は必須。

50代は人生は長いので、健康に過ごしたいですよね。

 

どうしても痩せたい50代向けのおすすめダイエット

太っているグループ

どうしても痩せたい50代におすすめしたいダイエットは、3つです。

50代のおすすめダイエット3つ

  • スクワット
  • エアロバイク
  • スライドボード

基本的に「足を鍛える」ことが50代には、効果的です。

 

足の筋肉は、身体のなかでもっとも大きな筋肉

つまり足を鍛えることで、基礎代謝が上がって痩せやすい身体になるわけです。

 

スクワット

スクワットダイエットは、聞いたことがあるかもしれません。

スクワットはお金がかからず、簡単にできる足を鍛える方法です。

 

ヒンドゥースクワット・フルスクワットなど色々ありますが、通常のスクワットでOK

てしやん
1日50回ほどを目安に実施しましょう。

スクワットは、1回で4kcalの消費があります。

50回するとちょうど200kcalになるので、落ちた基礎代謝をカバーできます。

 

また足の筋肉がつくので、基礎代謝も上がっていきますよ。

»スクワットダイエット1ヶ月!男性が痩せる筋トレはスクワットである理由

 

ただし膝が痛い人は、スクワットができる椅子を使いましょう。

椅子としても使えるし、安全にスクワットができます。

 

エアロバイク

続いておすすめしたいのは、エアロバイクです。

エアロバイクは膝に負担も軽く、トレーニングジムでは定番。

 

座ったまま漕ぐことができるので、テレビを見ながらでもダイエットができます

てしやん
ジムに通うぐらいなら、自宅で1台持っておきましょう。

エアロバイクって高いのでは?と思いますが、1万円台で買えるものも普通にあります。

 

中には67万するエアロバイクもありますが、軽く乗るぐらいなら必要はありません。

折りたたみもできて、すぐに片付けられるモデルもありますよ。

他の商品がみたい人は「【ブログ】エアロバイク選び方&おすすめ5選!静音・安い・コンパクト商品」を読んでみてください。

 

スライドボード

最後に紹介するのは、スライドボードというダイエットグッズ。

スライドボードは、スケート選手に使われている、トレーニング器具です

 

消費カロリーもあって、ダイエットには最適ですね。

てしやん
動画のように、左右に滑ることで足を鍛えられます。

スライドボードは下半身+股関節も柔らかくなりますよ。

 

スライドボードは介護用にも使われることもあって、膝の負担も軽いです。

スライドボードにも種類が豊富にあるので「スライドボード効果&おすすめ11選!長さ・メーカー・選び方まで解説」で詳しく解説していますよ。

 

50代のダイエットは、食事も気つけましょう

赤ちゃんは食事中

50代でのダイエットは、運動だけではなく食事も重要です。

食事で栄養が足りていないと、せっかく運動しても筋肉がつきません。

 

むしろ栄養が足りなくて、筋肉が細くなるリスクがあります

てしやん
ただ運動すればOK、というわけではないのです。

意外と見落としている人も多いので、バランスの良い食事を取りましょう。

 

赤み肉、野菜など積極的に取るべきです

その中でも、気をつけて摂取して欲しいのがタンパク質になります。

 

日本人はタンパク質が不足しがち

じつは一般的な日本人の食事は、タンパク質が不足しがちなんです。

運動をする人なら、体重×2gのタンパク質を摂りたいところですが、足りていないケースがほとんど。

 

下記に、一般的な3食の画像を載せてみますね。

2500カロリーの食事出典:フードモデルドットコム

こちらは2400カロリーで、タンパク質はたったの85g程度

体重が55kgの人でも必要なのは110gで、全く足りていません

 

これではちゃんと食べても、筋肉はつきませんし、むしろ筋肉が減って痩せにくい身体になってしまいます。

でもどうしたらいいの…?

 

低カロリーで高タンパクなら宅配がおすすめ

自分で高タンパクな食材を買ってきて、積極的に摂取するのがいいでしょう

ただ自分で準備するのが面倒な人は、宅配が便利です。

 

B-Kitchenは高タンパクで、ダイエットに適した食事を宅配してくれます。

しかも栄養士が監修なので、届いたものを食べれば低カロリーで高タンパクの食事が取れますよ

 

自宅まで届けてくれるので、手軽にダイエットフードを取り入れることができますよ。

初回は1078円と、高すぎる値段ではありません。

今なら初回で82%の割引も効いていますので、お試しで頼んでみましょう。

»【1食215円】B-Kitchenのお試しセットを頼んでみる

 

50代のダイエットを成功させるポイント3

痩せたい女性

50代で痩せたい人に、気をつけるべき点はいくつかあります

ダイエットを成功させるためにも、以下のポイントも抑えましょう。

注意するべきポイント

  • 無理な食事制限はしないこと
  • 1年スパンでダイエットを考えること
  • 普段の食事で±0の体重を心掛けること

具体的にどういうことか、解説しますね。

 

無理な食事制限はしないこと

食べなければ、確かに痩せることはできます。

ただ50代ですから、無理な食事制限をすればすぐに体調を崩しますよ。

 

身体に栄養がなくなって、むしろ病気のリスクでしかありません

  • 体調を崩しやすい
  • 風邪を引きやすくなる
  • 合併症を引き起こしやすくなる

若いときならいいですが、50代なら無理な食事制限は禁物です。

しっかり3食たべて、栄養のある食事を心がけましょう。

 

1年スパンでダイエットを考えること

50代になると、急激に痩せるのは危険です。

長期的に痩せることで、身体を慣らすのが安全

 

からこそ少なくとも1年ほどかけて、ゆっくり痩せることが重要です。

  • 1日で1kg
  • 3日で3kg
  • 1ヶ月で5kg

など無茶なダイエット計画を立てないでください

 

多くても1ヶ月で1kgペースで十分です

1年も続ければ10kgは減るので、50代は長期的にダイエットをしましょう。

 

普段の食事で±0の体重を心掛けること

あと1番重要なことは、±0の体重を目指すことです。

普段の食事で±0の体重ならば、足を鍛えるダイエットで自然と体重も落ちます

 

そのため、まずはいまの食生活で±0の体重をキープされてるか、確認しましょう。

1週間ほど計測して、1週間前と比べて体重の変化がないか調べます。

 

体重の推移は色んなケースがありますよ。

  • 平日はちょっとずつ減る
  • 土日に食べ過ぎて体重が増える
  • 突発的(飲み会)などで一気に増える

大事なことはいまの食生活で、どれだけ体重の変化があるか知ること

 

そして体重の推移がわかれば「現状どのぐらい食べれば±0の体重になるか」知ることができます。

てしやん
今がどれだけ食べ過ぎなのか、どれだけが減らせばいいのか…

体重の推移を知ったうえで、±0の体重を目指してください。

 

毎日、体重計に乗ってきちんと記録しましょう。

自分の身体を知ることで、自己管理ができます。

 

ちなみに体重計は、以下のものがおすすめ。

体脂肪・基礎代謝・筋肉量まで調べられるので、持っておいたほうがよいです。

筋肉が増えたとき、基礎代謝も上がるのでちょっと楽しみになりますよ

 

どうしても痩せたい50代向けのダイエット:まとめ

50代のダイエットは、痩せづらいので20代や30代のようにはいきません

ですがいま痩せないと健康寿命も短くなるため、後から後悔しますよ。

 

ぜひこの機会にしっかりとダイエットに取り組みましょう。

あらためて、どうしても痩せたい50に本記事の内容をまとめます。

どうしても痩せたい50代におすすめダイエット:まとめ

  • 50代が痩せにくいのは筋肉量が少なく、基礎代謝が低いため
  • 基礎代謝を上げるためには、足を鍛えて筋肉量を増やすのが効果的
  • 普段の食事で±0の体重を自己管理しましょう
  • おすすめのダイエット①スクワット
  • おすすめのダイエット②エアロバイク
  • おすすめのダイエット③スライドボード

本サイトでは他にも、ダイエット方法をまとめています。

本記事とも若干、重複してしまう部分はありますが、気になる人は「どうしても痩せたいあなたに最強ダイエット3つ」の記事も参考にしてください。

人気記事【無料あり】パーソナルジム&オンラインフィットネスおすすめランキング

人気記事プロテイン置き換えダイエットにおすすめ商品は3つです【ランキングで発表】

-ダイエット
-

© 2021 Teshiyan Blog Powered by AFFINGER5