お金を稼ぐ意味がわからないのは、未来に希望がないから【働き方】

2020年6月10日

お金を稼ぐ意味
お金を稼ぐ意味ってなんだろう…

こんな疑問にお答えします。

本記事で分かること

  • お金を稼ぐ意味がわからないのは、未来に希望がないから
  • お金を稼ぐ意味の結論
  • お金を稼いで、どんな未来を得られるか

僕も大学生のころに「お金を稼ぐ意味」をちょっと考えましたね。

でも社会人になってからは、考え方も変化しました。

 

IT企業の転職に興味がある人へ

 

コロナが始まってからよりITの需要が大きくなって、いまではビジネスでネットは切り離せません。
ただしIT企業に興味があっても、未経験の人も多いはず…

 

じつは僕は「食品会社」→「IT企業」へ転職の経験があります。
その際に使っていた転職サイトや、転職エージェントをまとめたので、興味がある方はどうぞ。

転職する男性
IT業界に有利な転職サイト・エージェント3つ【現状を変えよう】

続きを見る

お金を稼ぐ意味がわからないのは、未来に希望がないから

俯くサラリーマン

お金を稼ぐ意味が見えない人は、将来に希望をもてていません。

まだ働いていない人も、すでに働いてお金を稼いでいる人も、未来に希望がないと感じているのです。

 

言い換えるとお金を稼ぐ=自分が幸せになることが想像できない、ということ。

  • 何のために働くのか
  • 何のためにお金を稼ぐのだろう

だからお金を稼ぐことに、いいイメージは持てないのですよね。

大企業に入れば、給料がいいから幸せになれる…なんだか実感がわかない。

 

お金を稼ぐことが幸せか疑問

みんなお金を稼ぐことに必死で、しかもお金を欲しがっている。

でもふと考えると、ほんとにお金を稼ぐことが幸せなのだろうか…と疑問。

 

まわりの認識と、あなたの価値観がズレちゃっています。

てしやん
お金だけの価値観って虚しいですよね…

 

でも生きるために、お金を稼がないといけない

とはいうものの、お金がないと生きていけません。

僕らが生活ができるのも、お金があるから。

 

お金なしで生きられるのは、自給自足で生きていける人ぐらいです。

  • 食事
  • 住居
  • 衣類

ようは「衣・食・住」の保つために、お金は必要だということ。

これは紛れもない事実で、不変的なものですよね。

 

結論:お金を稼ぐ意味は、誰かの生活をするため

家族を守る男

結論からいうと、お金を稼ぐのは、生活するためですね。

もちろん自分一人でもあるし、家族がいれば家族の生活費を稼ぐために、お金を稼ぐです。

 

シンプルにそれだけですから、それ以上のことは何もありません。

生活するのに「必要」だから、お金を稼ぐのです。

 

お金を稼ぐ=幸せは半分正解で、半分間違い

じゃあお金を稼げれば、幸せになれるのか?というのは、半分合っています。

生活だけで好きなことに使うお金がないと、不自由で、ストレスですからね。

  • いい家に住みたい
  • いい服を着てみたい
  • 毎月、旅行にいきたい

これらの欲望を叶えていくことで、幸せにもなっていきます。

 

自由にできることで幸せにはなりますが…人の欲望は無限。

欲望をかなえても、欲望がどんどん出てくるので、お金を稼ぎ続ければ、幸せになるとはいえません。

 

お金を稼げる幸せには、上限がある

大金持ちになる=誰よりも幸せか?といわれたら、そうでもありませんよね。

お金を持ってるのに、幸せじゃない人は結構いますよ。

 

つまり、お金で得られる幸せには、上限があるってこと。

  • 人間関係
  • 精神的満足

この2つはお金では、解決できませんから。

もちろん、まったくお金がないのは幸せを感じにくいですが、お金があればいいってものではありません。

 

お金で得られる幸せには上限があることは、本を読むと理解できます。

このあたりの話は、アダムスミスの「国富論」を読んでみると分かりやすいかも。

 

必要以上のお金を稼ぐことは、幸せにならない、と経済的にもくわしく学べます。

 

とりあえず稼げるようになるのもアリ

もしまだお金を稼げていないなら、まずは稼いでみるのもアリです。

お金で得られる幸せや、お金の価値は稼いでみないと見えてきません。

 

お金をまったく稼いでいないのに「世の中、お金じゃない」といいきるのは、ちょっとダサい。

てしやん
まずはお金を稼ぐことも必要です

お金を稼ぐことで、自分が想像していなかった幸せが、見つかるかもしれないですよ。

 

もしくはお金を稼いで「やっぱりお金を稼ぐ意味はないのだ」と理解するのも、悪くはありません。

お金はあって損することはないですからね。

 

それでもお金を稼ぐことに懐疑的な人は、別の方法もあります。

 

お金を稼ぐ意味がわからない人は、どんな未来を得たいか想像しよう

自分を考える男

お金を稼ぐ意味がわからん…という人は未来に希望が見えない人。

じゃあ自分がどんな未来を得たいのか、ちょっと想像してみることです。

 

ようは将来の「理想の生活」を考えてみるのですよ。

  • どんな働き方がいいのか
  • どこで住んでいたいのか
  • 何があれば生活に満足するのか
  • 逆に生活して譲れないものはあるのか
  • 毎日どれだけ家族と過ごす時間がいるのか

この辺りはしっかり考えて結論を出せばOK。

そうすることで、自分にとってどれだけお金が必要、見えてきます。

 

僕はクルマが走っていなくて、のんびりと島暮らしが理想ですから、お金はあまりいりません。

てしやん
もちろんその逆もありますが

お金を稼ぐことで自分がどんな未来になっていたいか。

 

お金を稼ぐ意味が、わからなくてモヤモヤしているなら、理想の生活を考えてみるといいですよ。

さきほど僕の理想のように、お金がなくても、幸せな人はいくらでもいます。

 

お金を稼いでなくとも幸せな人はいる

たとえば日本よりもお金がなくても、ブータンは幸福度、世界一です。

また発展途上のフィリピンだって、お金はないですが、みんな幸せそうに暮らしています。

 

日本だって沖縄の人は年収300万で、家族8人で暮らしていますよ。

お金がないからといって沖縄の人は、みんな不幸かといわれたら、そうは思いません。

  • お金があれば幸せ
  • お金を稼げないと幸せになれない

これはかなり幻想です。

 

お金を稼いでなくとも、幸せな人たちは世界中にいますね。

だからこれを読んでいるあなたも、お金との向き合い方を、考えてみてください。

 

働き方も考えてみよう

すでに働いていて、お金を稼ぐ意味を考えるぐらいなら、働き方を考えるタイミングかも。

お金を稼ぐために働く生活よりも、理想の生活があるのでしょうね。

  • 会社に縛られない
  • 好きなタイミング仕事ができる

こんな未来ならいいですよね。

実際、働いていてお金を稼ぐことがツラくなる人もいます。

 

正直、必要な分のお金を稼げればいいや…と考えているかもしれませんね。

いい機会ですので、ぜひ自分で考えてみるといいですよ。

 

すくなくとも、いまの働き方は納得していないし、長くは続かない可能性が高いです。

てしやん
その先に未来は見えないですからね

 

お金を稼ぐ意味:まとめ

部屋の様子

お金を稼ぐ意味=誰かを生活させるためです。

ただし幸せになりたいなら、お金を稼ぐだけでは、不十分かもしれません。

 

まずは自分がどんな未来になっていたいか、ぜひ考えてみてください。

もしイメージが湧かないなら、まずはお金を稼いでみましょう。

 

お金を稼ぐことで、自分がどうしたいか、見えてくるものも出てきます。

現状に不満なら「人生を変える方法6つ」を読んでみて、いまの現実から脱出するのも考えてみてください。

-働き方
-

© 2020 Teshiyan Blog Powered by AFFINGER5