【最新版】筋トレ器具おすすめ7選!元プロボクサーがマジで使えるグッズを紹介

2019年12月3日

筋トレ器具おすすめ
筋トレ初心者はどんな器具がいいのかな…?

せっかく買うのに失敗はしたくない

こんな疑問にお答えします。

 

筋トレ器具はたくさんあるので、筋トレ初心者からすると「どれが本当にいいの?」と分からなくなりますよね。

ネットには「筋トレ器具おすすめ15選!」とかあって、結局どれがいいかわかりません

うーん、結局どれがいいんや…

そこで今回は筋トレ歴10年の僕が、おすすめの筋トレ器具7つに厳選。

筋トレ初心者が「買ってよかった!」と思えるものだけを選んでいます。

てしやん
今回は無駄に高い謎メーカーは、すべて除外しました

筋トレ器具の選定する審査基準【すべて公開】

筋トレ器具を探す子供

今回、筋トレ器具を7つ選びましたが以下の基準で選定。

筋トレ器具の選定基準

  • 大手通販で買えるもの
  • 安価でコスパがいいもの
  • 客観的な口コミが見れるもの
  • 確実に筋トレ効果が見込めるもの
てしやん
すべての口コミが見れなかったり、口コミが少ない商品は、ほぼ高いです

筋トレ器具ってぶっちゃけあまり高いものじゃなくても、OK

むしろ高いものほど、無駄な機能ばかりついて微妙ですね。

 

筋トレ器具おすすめ7選【コスパ最強アイテムたち】

今回はAmazon、楽天、yahooにある商品から選定。

まず買って間違いないものを、紹介します。

 

プッシュアップバー

鍛えられる箇所

腕、肩、腹筋、背筋

使うことのメリット

  • 手首を痛めることがない
  • 通常の腕立てよりも、負荷が大きくなる

»【最新版】プッシュアップバーおすすめ5選!選び方を元プロボクサーが解説

プッシュアップバーを使うと、手首を痛めないで腕立てができます。

僕は手首があまり強くないので、回数をやると痛くなってくるんですよね。

 

でもプッシュアップバーなら、痛くありません。

しかも通常の腕立てを比べると、強い負荷を与えられます。

 

効率的に筋トレしたいなら、必須のアイテムですね!

てしやん
デメリットは普通の腕立てよりもしんどいことですね。1、2割増しぐらいのイメージですよ

 

トレーニングチューブ

鍛えられる箇所

腕、肩、腹筋、背筋

使うことのメリット

  • 自分で負荷を調整できる
  • 重たくないので、怪我のリスクがない
  • ダンベルと違って軽いので、扱いやすい

ゴムチューブはほんとに使った方がいいです!

マジでバリエーションが豊富ですし、負荷を調整可能できます。

 

ダンベルを使う人もいますが、僕は間違いなくチューブ派ですね。

僕はベッドに括り付けて使用しています。

てしやん
機能性のデメリットはないですが、括り付ける場所がないと不便かもしれませんね

 

ダンベル

鍛えられる箇所

腕、肩

使うことのメリット

  • 汎用性が高い
  • 胸筋も鍛えるトレーニングもある

筋トレといえば、ダンベルですよね。

ダンベルを持っている人もみると、体を鍛えてる人なんだなー、と思いますね。

 

チューブが嫌な人には、ダンベルを使ってみるといいですよ!

オススメのダンベルは簡単に重さ調整できるダンベル。

 

ゴムだと、落としたときの衝撃も多少マシですね。

てしやん
デメリットは、使わないときの置き場所には困りますね。捨てる時もどうしようとなる(笑

 

あとはフラットベンチを使えば、さらに汎用性が上がります。

フラットベンチを使えば、ダンベルを使った筋トレをしやすくなります。

 

てしやん
ホームジムに近くなりますね

 

腹筋ローラー

鍛えられる箇所

腕、肩、腹筋、背筋

使うことのメリット

  • 腹筋への効果が高い
  • 数回で十分なトレーニングになる
  • 仕事で忙しい人にも、時短で行える

腹筋ローラーを使うと腹筋にきます、めちゃくちゃ効きますよ。

多分10回もやれば筋肉痛になるので、時間がない人にはオススメ。

 

腹筋ローラーが鍛えられる筋肉って普段の生活ではなかなか使いません。

お腹を曲げる動きはしますが、腹筋ローラーは伸ばすような動きですので。

 

プランクとか腕立ての時にお腹に力を入れますが、その筋肉と近いですね。

てしやん
デメリットは、めちゃくちゃキツイので、挫折しやすい。モチベーション維持が難しいことですね。

 

腹筋台

鍛えられる箇所

腹筋、背筋

使うことのメリット

  • テレビやYouTubeをみながらでもできる
  • 腹筋だけじゃなく、背筋を鍛えるにも使える
  • 腹筋ローラーより負荷が軽いから、続けやすい

本格的に腹筋をしようと思うと、腹筋台をイメージしますよね。

腹筋台を買ってしまえば、いい意味でもやる気になります。


他にも良いところは、慣れてくれば、ながら筋トレができるところ。

足首で固定すれば、腹筋しながら、携帯をいじれますね

 

慣れてくれば、なので最初はやらない方がいいですよ!

てしやん
デメリットは場所を取ることと。一応しまうことはできますが、重いし、大変

 

懸垂マシン・懸垂バー

鍛えられる箇所

腕、肩、腹筋、背筋

使うことのメリット

  • 馴染みのない懸垂ができる
  • 上半身を鍛えるなら、効果的なアイテム

広い肩幅に憧れる、背中の筋肉を鍛えたいなら、懸垂でしょう。

懸垂バーや、懸垂マシンを使えば、家でも懸垂ができます。

 

器具自体は場所を取らないですし、簡単にできるから良いですよ!

てしやん
デメリットは誰かが通る場所でやると迷惑、場所が限られます

 

もしくは自宅に置けるなら、スタンドタイプの懸垂マシンですね。

ディップスタンドを使えば、すぐに懸垂ができますよ。


本格的にやりたいなら、ここまでの大型商材を買ってもいいですね。

てしやん
デメリットは場所が取られること、家族とは要相談ですね

 

アームバー

鍛えられる箇所

胸筋、肩、腕

使うことのメリット

  • 続ければ、確実に胸板が暑くなる
  • 鍛えにくい胸筋を重点的に鍛えられる

じつは胸筋って、意外と鍛えづらい箇所なのですよ。

腕立てや懸垂でも鍛えられますが、胸板がつくまでに時間がかかります

 

家にベンチプレスを置ける環境なら、胸筋もつきやすいですが、なかなか置けません。

ベンチプレスは置けないけど、胸板を早く厚くしたいそんな人に使えるのが、アームバーです。

 

胸板があるのと、ないのでは見た目も変わりますね。

てしやん
胸板が欲しい人は買って損はしません!

 

筋トレ器具おすすめ7選:まとめ

てしやん
以上、全部で7選紹介しました!気に入ったものはありましたか?

いかがだったでしょうか。

ぜひ上記の器具を参考にして、筋トレライフを楽しんでくださいね!

 

ご一読ありがとうございました。

-筋トレ
-

© 2020 Teshiyan Blog Powered by AFFINGER5