【なぜ?】筋トレにナッツがいい理由5つ|おすすめの商品を3つ紹介します

筋トレにナッツがいい理由5つ

筋トレにナッツって食べたほうがいいの?

筋トレにはナッツがいい…って本当なのか。

ナッツは悪くはなさそうだけど、わざわざ食べる必要があるのか疑問に感じる人も多いでしょう。

そこで今回は、なぜ筋トレにナッツがいいのか理由を解説します。

本記事で分かること

  • 筋トレにナッツが良い理由5つ
  • ナッツを摂取量、取るタイミングはいつか
  • 結局どのナッツが筋トレにいいのか【おすすめ3つ】

今回は筋トレ歴5年以上ある僕が、ナッツについて解説します。

せっかく筋トレするのだから、ナッツでも何でもいいので効率よく鍛えたい…と考えるのが普通でしょう。

それではなぜ筋トレにナッツがいいのか、5つの理由を順番に紹介しますね。

筋トレにナッツがいい理由5つ

筋トレする男性

筋トレにナッツがよい理由は5つあります。

栄養が高いから

ナッツはビタミンを始めとした、様々な栄養を効率よく摂取できます。

また栄養価の数値も高いので、ナッツは筋肉増強に期待できますね。

筋肉を作るには、プロテインさえあればいいわけではなく、タンパク質をうまく取り入れる栄養が大事なのです。

  • 亜鉛
  • 食物繊維
  • ビタミンE
  • ビタミンB2

意外と忘れがちなのが食物繊維で、あまり取れていないときちんと体内に消化されずに、身体に吸収されません。

現代の食事では物繊維って、不足しがち

ナッツを食べることで、食物繊維や色んな栄養を補給することができます。

ジャンクなものが入っていないから

ナッツには栄養価が高いだけではなく、余計な脂肪が入っていません

ジャンクフードはおいしいですが、栄養素は偏っていて筋肉の栄養にはならないのです。

  • ピザ
  • コーラ
  • チョコレート
  • ポテトチップス

上記は、ほとんど脂質と糖分ですからね。

ジャンクフードに比べてナッツは、非常に優秀なのです。

ただナッツの成分表を見たことがある人は「あれ?脂肪多くない?」と疑問に思う人もいるでしょう。

ナッツの種類 カロリー(100g辺り) 食物繊維 不飽和脂肪酸 ビタミンE ビタミンB2 脂質
アーモンド 598kcal 14.4g 47.31g 31mg 0.9mg 54.1g
クルミ 674kcal 7.5g 56.1g 1.25mg 0.15mg 68.8g
カシューナッツ 576kcal 6.7g 27.74g 0.9mg 0.058,g 43.85g
ピーナッツ 585kcal 7.2g 39.19g 18.13mg 0.1mg 49.4g
ピスタチオ 615kcal 9.2g 37.56g 27.5mg 0.24mg 56.1g
脂質40g〜60gってヤバくないか?

実際ポテトチップスが1袋35g程度なので、ナッツ多いと感じるでしょう。

ただナッツに含まれている脂質は「不飽和脂肪酸」といって、簡単にいうと脂肪になりにくい良い脂質のことです。

不飽和脂肪酸はオリーブなどに含まれており、ナッツの脂質も不飽和脂肪酸なのですよね。

てしやん
ただし、食べすぎ・取り過ぎは良くないですけどね

腹持ちがいいから

筋トレをすると、身体を動かすのでお腹が空いてきます。

また筋肉が増えたことで、礎代謝が上がっていることも空腹を感じる原因です。

今までの食事だと空腹を感じなかったことも、筋トレをしてからお腹が空くこともあります。

  • でも食べると逆に太ってしまう
  • それでもやっぱりお腹は空いてしまう

こんなときこそ、ナッツを持っていれば安心。

ナッツは噛みごたえがあって、満腹中枢が刺激されるので、食べ過ぎを防止してくれます。

ちょっとした間食には最適ですから、ナッツは筋トレする人にも愛されているのです。

保存に向いているから

ナッツを大量に買っておいても、保存が効くのが優れた点。

空気を入らないように保存すればしけることなく、半年は普通にもちますね。

チョコレートのように溶けないですし、形が崩れることもありません。

  • 日が当たらないところ
  • 乾燥材を入れて空気を入れない

上記のようにすれば、長期保存も可能です。

鞄にいれておいてもナッツは粉々にならないので、持ち運びにも優れていますね。

小さくて持ち運びが楽だから

ナッツはどこかに持ち運ぶときでも、小さいし、場所を取らないです。

ポケットにも入るぐらいですから、持ち運びはかなり楽。

重さも40gも持っていけば十分で、消しゴム1個分の重さです。

  • ポケットにも入る
  • カバンに入れておく

ナッツは場所もかさ張ることもないですよ。

プロテインはシェイカーも持っていくと、そこそこ場所を取りますが、ナッツは場所は取りません。

ナッツを摂取する量・タイミングはいつがいいのか?

ミックスナッツ

筋トレする人が、ナッツを取るべきベストなタイミングや、量について紹介します。

量は130gぐらい

ナッツの摂取量は、130g前後にしましょう。

多くても50gで、食べ過ぎないように抑えてください。

ナッツは脂質が多いので、食べすぎると太るので注意が必要です

てしやん
ちなみに、コンビニで売ってるのも45gぐらい。

量はイメージでいうと、片手に収まるぐらいの量ですね。

思ったよりも少ないと感じますが、食べれば満腹感はあります。

摂取タイミング:運動後30分以内

ナッツを摂取するタイミングは、運動してから30分以内が理想。

運動後はエネルギーを吸収しやすい時間ですから、積極的にナッツをとりましょう。

運動をすると汗をかくので、ナッツの塩分もあいまって美味しいですよ。

  • 筋トレ後に食べる
  • ナッツを常備しておく

ぜひ筋トレ後、30分以内にナッツを取れるようにしましょう。

小腹が空いたタイミングでもOK

筋トレ直後がベストですが、プロテインも飲むし、サプリも飲むから大変

という人は、ナッツを間食として摂取しましょう。

午後の3時あたりだとお腹も空くので、ナッツは間食に向いています。

ナッツの使い道

  • 料理に使ってみる
  • 砕いてサラダに混ぜる
てしやん
後は料理に入れてしまうのも手です。

おすすめはサラダの上にトッピングとして、食べることですね。

身体にもいいし、ナッツも摂取できますよ。

どのナッツが筋トレ優れているのか

上半身裸のマッチョ

ナッツでも色々あるので、どれを買えばいいか迷う人もいます

あんまりナッツを食べない人だと、どれがいいのかなと考えてしまいますね。

ナッツが初めての人には、ミックスナッツをおすすめします。

 

アーモンド、くるみ、落花生、ピスタチオ、カシューナッツなど一通り入っているので、まずはミックスナッツでOK

味のバランスもいいので、初心者はミックスナッツでよいです。

  • 有塩
  • 無塩

また塩あり・塩なしとありますが、基本「塩なし」にしましょう。

日本人は塩分が取りがちですから、無塩のナッツを摂取してください。

ナッツは大容量で買うのがお得です

ハート型のナッツ

ナッツはそこそこ値段が高いです。

コンビニで売っているものも40g150円ですので、結構高いのですよね。

正直もったいないので、ネットで1kgの大容量を買って、小分けにするのがおすすめです。

1kg30日で食べれば、133gほど食べられます

毎日コンビニで買うよりも安くなるので、大容量の1kgを買えばOK。

味が分からない人は、まずはミックスナッツを買えばいいですよ。

小分けできる容器を持っておくと便利

ナッツを持ち運ぶためにも、容器を持っておくと便利です。

1日摂取する量がちょうど入るので、管理も難しくありません。

上記は1日で40g入りますし、5日分入るため持ち運びにはちょうどいいですよ。

1日の食べる量も分かるため、管理しやすいです。

ナッツを食べて筋トレ効果を上げよう:まとめ

筋トレにナッツは、かなり相性がいいです。

栄養があって、お腹持ちがよいナッツは持っておいた方がいいでしょう。

 

またガリガリな人は、プロテインやサプリを併用してみてください。

以下に紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

人気記事【ガリガリな人向け】太る専用サプリ・プロテインのおすすめは2つ

人気記事【筋トレ歴5年が選ぶ】マジで使える筋トレグッズ・器具おすすめ8選

人気記事【筋トレ歴5年が選定】おすすめのプロテイン&サプリランキングを発表

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonチャージ

Amazonでお得に買い物するなら、Amazonチャージのチャージがおすすめです。

現金でチャージするたび、チャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonの表

てしやん
プライム会員なら、さらに利率も高いです!

普段からAmazonで買い物してるなら、得しかしないので使わない手はないのですよね…

もしチャージしたことがないなら、ぜひこの機会にどうぞ!

\ 1円単位でチャージ可能 /

今すぐAmazonでチャージしてみる

  • この記事を書いた人

てしやん

元プロボクサー、筋トレ歴5年。 ダイエット経験は90kg→60kgまで落とした経験が「2回」あり。油っぽい物大好き。ダイエットは得意だけど、体型維持が不得意。

-筋トレ