すぐ落ち込む性格をどうにかしたい!あなたがやるべきこと3つ

2019年7月2日

蹲っている少年
すぐに落ち込んでしまう…

この性格をどうしたら直せるかな?

何か言われると、すぐに落ち込んでしまう。
周りは気にしなくてもいいって言われるけど、どうしても気にしてしまう。

 

こんにちは、てしやんです!
僕もすぐ落ち込んでしまう性格なので、気持ちはすごく分かります。

 

僕はいまでは、落ち込むでしまう性格も直っています。
本記事ではすぐ落ち込んでしまう性格に向けて役に立つ内容になっています。

本記事をオススメする人

・必要以上に落ち込んでしまう人

・すぐにネガティブ思考になる人

・一度ネガティブ思考に入ると、止まらない人

・ネガティブ思考の自分が嫌な人

 

僕自身かなーーりネガティブだったのですが、今はそんなことはないです。
それは対処方法や行動を変えたからです。

 

僕でも出来たので、他の人もできると思います。
上記のようにネガティブ思考に陥ってしまう人には、読んでもらえると、明日からの行動が変わりますよ!

すぐ落ち込む性格をどうにかしたい!あなたがやるべきこと3つ

女性

ネガティブ思考は誰にでも起きます。

 

仕事が忙しいとき、家庭がうまくいかないとき、勉強ができない時、、、誰にもネガティブになる瞬間はあります。
嫌なことが全くない人はいません!

 

ただそこでネガティブになって落ち込むか、そうではないかは対処しているか、どうかなんです。

 

その対処方法とは、つまるところ自分の受け取り方・捉え方なのです。

 

ネガティブ思考の原因・特徴

自信がない

男性

ネガティブの人は自分に自信がありません。
その原因は自分の能力にあると考え、周りと比べて落ち込みます。

 

自信がないためか、自己評価がとても低いです。
人が勧めても、「自分なんて、、、とてもできない」と自己評価を低く見積ります。

 

周りと比べる

自信がない原因は常に周りと比べて、落ち込んでいるのです。

 

必要以上に周りと比べます
何かとネガテイブになる要素を見つけて、どんどんネガティブ思考に陥ります。

  • 自分はなんてダメなんだ
  • あの人は出来ているのに、自分は全然できない

 

僕もネガティブだったので、気持ちは分かります。
ネガティブになっても良いことなんて何一つないですよね。

てしやん
分かっているんですけど、ネガティブになってしまうんですよね

 

必要以上に考えすぎてしまう

いい事はないことが分かってるけど、考えすぎてしまう

 

これネガティブな人あるあるですね。
ネガティブの連鎖が止まらないので、ネガティブがネガティブを呼びます。

 

周りは思ってもいないのに、「使えない自分」だと自分自身でレッテル貼りをしてしまう。
辛いですよね。

 

ではどうしたらネガティブ思考を改善することが出来るのか?
いくつかありますので、紹介します。

ぜひ聞いてみたい!

 

「でも」、「だって」の言い訳はやめましょう

ネガティブの人は言い訳が多いです。
「でも」「だって」と言って楽しいわけないですよね?

 

じゃあ、やめましょう
言い訳して、さらに自己嫌悪を繰り返すだけです。

 

言い訳しても何も物事は進まないのです。
言い訳してしまうのは「逃げ」だからで、逃げる方が楽だからですよ。

 

ネガティブを脱却しようと思う方が辛いし、大変です。
でも本当に望むのなら、言い訳せずに改善するべきなのです。

 

ネガティブ思考を改善する方法

「今」と「過去」の自分評価を完全に切り分ける

青空と雲

ネガティブ思考に陥るのは、2つ原因があります。

 

一つ自己評価が低くく、過去の失敗を引きずってしまうこと。
終わったことをいつまでも考えてしまい、そのまま自己評価してしまっています。

 

過去というのは幼少期ぐらい昔のこともありますし、1週間前に起こったこともあります。

  • これまでの自分
  • この間、失敗したミスしている自分
  • 昨日、人から怒られたこと

 

大切なのは過去の評価ではなく、「今」現在の評価です
つまり今日の評価で、いつまでも過去を見続けると、ネガティブ思考は改善されません。

 

過去のことは考えないように、自ら意識することです。

 

気になるなら過去の事実だけ捉える

どうしても過去に囚われるなら、過去の成果物を振り返ることが良いです。

 

過去の「出来事」ではなく、「成果物」です。
成果物とは、これまであなたが成し遂げて形に残ったものです。

 

昔作ったおもちゃ、勉強ノート、部活動で使っていたウェアなどです。

てしやん
探せばいくらでもありますよ

 

過去に何も成し遂げていない人はいないのです。
やろうと思って「出来た実績」があって、過去の成果物は自分の成功体験を思い出せます。

 

ネガティブな人は「過去」は失敗の出来事を考えてしまいます。
そうではなく、過去の成果物を見るようにしましょう。

 

自分を認める

男性ネガティブ脱却の対策は2つだけで、ものすごくシンプルです。
その内の一つが“自分を認めてあげる”ことです。

 

ネガティブの人に是非聞いてみたいのですが、最近、自分のこと認めてあげていますか?と聞きたいです。

 

はっきりいってどんな人も、毎日頑張っていると思います。
だってちゃんと学校に行くことも偉いですよ、仕事に行くことも偉いことです。

  • 毎日、仕事していること
  • 趣味で長く続けていること、
  • 成果が出てなくても精一杯努力していること

 

どれも素晴らしいことで、自分を認めてあげて下さい。
認めるのは他人だけではないです、むしろ自分が一番褒めて上げないといけません。

 

趣味で続けていること、結果は出ないけれど、自分なりに行い。
自分の努力を認めてあげましょう。

 

ネガティブな人は自分を認めることをしません。
そのため自分の努力が実らなかったとき、周りと比べてしまいます。

自分はどうせ無理だ、、、

他の人はできるのに、どうして自分だけ

 

成果が出た人と、成果が出なかった自分を比べます。
自分はやっぱり駄目なんだ、、、
そうではなく、まずは“自分を認めてあげませんか?

 

ちなみに、自分を認めるではなく、褒める!ことが一番効果があります。

 

今日は頑張ったな、自分」と。
でもいきなり褒めること難しいで、まずは自分を認めてあげましょう。

 

他人を認める

 

女性

自分が褒めることが出来なければ、他人を褒めましょう。
他の人が上手くいっているときや、逆に自分が上手くいっていない時、どんな感情になりますか?

 

悔しい!と思いませんか?自分が情けない、と思うかもしれません。

 

この反応は正常です。
でもネガティブな人は落ち込みます、自分はダメだな、と。

 

この時点で自分しか見ていません。
そして自分を責め始めます、もう相手のことなんて見ていません。

てしやん
自分ではなく、相手をみましょう

 

大事なことは他人のすごいことを“認める”ことです。
すごいな!と相手のことを褒めてあげましょう。

なぜそんなことをするのか?

落ち込んでしまうと相手のことは見ません、自分しか見えません。

他人を認めることで、相手との違いが分かるからです。

 

 

相手を認めてしまえば、相手から学ぼうとします。
良いことなら、真似するチャンス、つまり自分が成長できるということ。

 

そのためには、相手を認めることなんですよ。

 

すぐ落ち込む性格を直す:まとめ

いかがだったでしょうか。
ネガティブ思考を改善できそうでしょうか。

ネガティブ改善するためには

  • でも、だって、と言い訳をやめる
  • 今と過去の評価を切り分ける
  • 自分を褒める
  • 他人を褒める

 

自分と他人を認めることができれば、完璧です。
でも、いきなり自分を認めることに躊躇する人もいます。

 

それでは他人を認めることから始めましょうね。
今後はネガティブ思考に囚われず、自分らしく生きましょう。

-ライフ
-

© 2020 Teshiyan Blog Powered by AFFINGER5