ライフ

出世は無駄だし、わりと人生のコスパも悪い話【会社依存はやめよう】

出世は無駄
出世って無駄だよね…でも、これから自分はどうすればいいのだろう

こんな疑問にお答えします。

本記事で分かること

  • いうまでもなく出世は無駄です
  • 出世することのデメリット4つ
  • 出世してもいい会社の基準
  • これからは出世ではなく、スキルを上げよう

出世しても無駄だと感じるのは、出世に魅力だと思わないからです。

自分よりも役職がついている人が、つらそうだと出世したくないと思うのも、自然なことですよ。

 

自分も出世したらああなるのか…」と想像したら、出世はイヤになります。

ぼくも役職につきましたが、いま思えば無駄だな…と感じていますね。

 

まずは具体的に、なぜ出世が無駄なのか解説していきます。

今の会社に不安・不満なら…

転職サイトには登録しましょう。
ダラダラと続ければ転職も不利になっていきますし、登録しないといつまでも行動しません。

というか、良い企業の募集案件を気づかずスルーするのは、あなたにとって"損"でしかありません

僕もリクナビNEXTを使って、ブラック企業からホワイト企業へと転職を成功できました。登録も1分で簡単なので、まだ登録していない人は今やっておきましょう。

\ 転職成功者の80%が利用してる! /

リクナビNEXTに無料登録する

いうまでもなく、出世は無駄です

夕方のオフィス

出世が無駄なことは、理由があります。

なぜなら会社が倒産すれば、出世の価値はなくなるから。

 

会社が倒産なんて…と思うかもしれないですが、会社は倒産して当たり前なのです。

会社の平均寿命

引用:nippon.com

会社の平均寿命は25年ですから、つまり少なくとも1回は転職します。

 

2回ぐらい転職してる人も、普通です。

そのため出世しても、再就職すれば無駄になる可能性があります。

出世はコスパが悪い

出世することは、コスパが悪いと感じます。

出世すると、管理ばかりで、市場価値は上がりにくいからです。

 

出世すれば、自分の能力を上げるよりも、人をまとめるリーダーとなります。

そのため、せっかく積み上げた仕事だとしても、会社がなくなれば意味なし。

 

転職するときは「どんなことができるのか」と問われます。

  • なにができるのか
  • どんなスキルがあるのか
  • どんなことで会社に貢献できるのか

管理職ばかりで能力がない人よりも、プレイヤーで能力が高い人を評価されます。

 

だから出世に目がいってしまうと、長期的にみるとコスパは悪いです。

出世することは無駄だけではなく、もちろん他にもデメリットがあります。

出世することのデメリット

階段を昇るサラリーマン

出世してしまうと、色んなデメリットが出てきます。

実際に僕が感じたデメリットは、4つありましたね。

出世することのデメリット4つ

  • やることが増える
  • 責任だけが増える
  • 給料と見合わない
  • 上司と部下の板挟みに合う

それぞれ解説していきます。

やることが増える

出世すると、めちゃくちゃ仕事が増えます。

とくに管理職になりたては、プレイヤーとしての仕事も兼任するので、忙しい。

 

管理職になれば、通常の業務とはべつの業務もあります。

  • 進捗管理
  • 部下育成の管理
  • 改善や計画を考える

加えてあたらしい業務も出てくるので、かなりパンクします。

 

引き継ぎがないと、一人だけずっと残業…なんてこともありえますね。

出世すれば人の管理や、計画も考えるため、仕事は多くなります。

責任だけが増える

出世して管理職になれば、責任もついてきます。

いわゆるリーダーとなれば、チームの責任は上司の責任です。

 

プレイヤーの責任は、上司が持ってくれます。

ただ上司の立場になれば、話は変わります。

  • 行動に責任が伴う
  • プレイヤーとしての自由がない
  • 失敗してもいいや、が許させない

責任があるので、いろんな自由が効かないですね。

さらに結果を求められるため、会社や上司からの重圧もあります。

給料と見合わない

会社にもよりますが、僕は出世することが、給料と見合わないと感じましたね。

出世すれば仕事も多くなるし、責任も増えます。

 

上司になって、給料が1.5倍ぐらいに増えればいいですが、さすがに急に給料は上がりません。

  • 仕事量
  • 仕事の責任
  • 仕事の労力

出世することで上記が増えるなら、そこそこの給料のほうが幸せかも、と感じました。

 

うまいこと管理できる人なら、出世し続けることで、給料がどんどん上がります。

とはいえ、中途半端に出世するなら、かえってしんどいです。

上司と部下の板挟みに合う

出世すると、結果を上司にもとめられ、部下も増えていきます。

上司はあなたにさらに結果を出せ、といわれますよ。

 

管理職になれば、自分で成果を上げるだけではなく、部下に結果を出させないといけません。

あいだに立つ人は、ちょうど真ん中にいるので、板挟みになります。

  • 会社、上司の要望に答える
  • 部下への要望を伝える、結果を出してもらう
  • 思うように結果が出ず、部下からの不満がでる

チームの責任は、すべて上司にあります。

結果がでれば、上司も部下もうまく回りますね。

 

ただどんなに上手くいってるリーダーであっても、すべてが上手くいきません。

うまくいっても人間関係や、仕事への不満も部下から受けるので、やっぱり板挟みにあいますね。

てっしー
…部下からなんとかして欲しい、といわれますね

出世することはデメリットも多いですが、出世してもいい会社もあります。

出世してもいい会社は、上司が生き生きとしてる会社

仕事をサボるサラリーマン

出世して自分が成長できるのは、自分の上司が輝いている会社です。

もし役職のある人が、生き生きとしているなら、まわりの人が良かったり、会社がサポートしてくれる環境にあります。

  • 人間関係が良好
  • 板挟みがすくない
  • 責任がプレッシャーにならない

結果として、自分も成長できます。

だからいまの会社の上司が、生き生きとしているか確認してみてください。

 

上司が成長している環境なら、出世する価値はあります。

逆に、上司が辛そうで仕事に殺しているなら、出世は微妙ですね。

いやいや仕事をしても成長はない

仕事が楽しくない状態で、成長することは稀です。

なぜなら仕方なくする仕事には、情熱もなければ、もっと伸ばそうと考えづらいから。

 

上司の顔が死んでいるなら、部下も成長はしにくいですね。

  • 嫌な仕事を改善しない
  • ダラダラと仕事をする
  • 文句ばかりで成長しない

かりに上司となっても大変すぎて、最後には部下に当たるかも。

 

いやいや仕事をすると、本人ばかりかまわりも成長しないです。

消極的になって、現状維持の仕事をこなす人間になりますよ。

てっしー
誰も幸せにならない環境です…

これからは出世ではなく、スキルを上げるべき

出世するサラリーマン

出世はコスパが悪いので、これからはスキルを身につけましょう。

スキルがあれば、市場価値が上がるので、なにかあったときも安心です。

 

出世して管理ばかりするよりも、専門領域を伸ばすほうが、コスパはいいですよ。

てっしー
ゼネラリストよりも、スペシャリストです

会社が倒産してもスキルは残るため、転職だってしやすい。

一方で出世して管理職になったら、スキルは上がっていないことが多くなります。

スキルはお金にもなる

スキルのいいところは、スキルを使ってお金にもできること。

培ったスキルを副業で活かせば、お金を稼げるし、リスクヘッジにもなります。

 

いわば、会社に依存しなくてもいい人材になりますね。

会社に依存しないため、働いていても不安感はすくないです。

 

ちなみにスキルは資格ではなく、お金になるものがベスト。

  • ブログ
  • WEB制作
  • マーケター
  • WEBデザイン
  • プログラミング

一例ですが、きちんと勉強すればお金は稼げるようになります。

 

1年も資格勉強するぐらいなら、1年副業したほうがコスパはいいです。

スキルも身につき、昇給以上にお金だって稼げる。

てっしー
出世はどうでもよくなりますよ

>>【副業】ブログを始めるメリット・デメリットとは?ブログ歴2年以上の僕が解説

人生に選択肢が持てる

会社と別スキルがあれば、人生に選択肢が増えます。

もちろん会社が倒産したときでも、自分の市場価値は高いでしょう。

 

また会社での働き方って、自由がききます。

  • 仕事は定時でスキルアップに注力
  • いまよりも条件のよい会社に転職する
  • 副業が本業を超えたら、フリーランスになる

スキルがあれば、出世して給料を増やす以外にも、選択肢が増えますね。

 

本業では出世せずに、責任なく定時で帰宅する。

かえったら副業のスキルをあげて、お金を稼いでしまう…かなり最強ですね。

 

✔︎ 結論:出世はコスパが悪い、スキルはコスパがいい

いろいろ書きましたが、結論はスキルを身につけるのが、おすすめかと。

出世しても、自分に返ってくる見返りはすくないです。

 

出世する頑張りは、コスパが悪いですね。

一方でスキルアップはお金を稼げるし、リスク管理にもなります。

 

ただし上司が生き生きとしている会社や、出世して上位に昇りつめるなら、出世もひとつの手ですよ。

てっしー
僕ならスキルアップを目指しますね

出世は無駄、自分のスキルを磨こう:まとめ

いまや副業するのが、当たり前の時代。

出世することが常識でしたけど、キルを身につけることが、コスパがいいのは、自明の理です。

 

出世することばかりに目を向けず、ほかの選択肢があることを知ってください。

出世して消耗する人生になるより、会社依存しない人になりましょう。

本記事のまとめ

  • 出世しても会社がなくなれば、価値はない
  • 出世して管理職になるとデメリットが多い
  • ただし出世して成長できる環境なら、出世もあり
  • 出世よりもスキルを身につけるのが、コスパがいい

ぜひ本記事が出世するか迷っている人の、参考になれば嬉しいです。

会社に不満があるなら、転職をしないと損

雲に飛び移る

転職したいけど、まあいいかな…
と思って放置してるのは、勿体ないといえます。

いまある環境に不満があるなら、100%転職をした方がいいでしょう

 

でも転職ってめんどくさいから先延ばししたい、という気持ちもよくわかります。

実際、僕も26歳で転職しましたが、キッカケがあったから転職できたのに過ぎません。

 

しかし転職した今では「あのとき転職して良かった!」といえます。

もしあなたが今の会社に不満を持っているにもかかわらず、転職を先延ばしにしているなら、これからどんどん損をします。

  • 歳を取ると転職しづらくなるから
  • 歳を取ると残る会社がブラックばかりになるから
  • 将来性がない会社にいると、生涯年収も大きく変わるから

そのうえ、もしあなたが仕事で「体力か精神」どちらか疲弊しているなら、将来はもっと悲惨でしょう

 

当たり前ですが年齢を重ねると、今より体調も悪くなります。

会社を我慢しながら続けることは"風邪を引きながらも、会社に行く状態"に近いものです。

 

だから会社に不満があるなら、転職は早いに越したことはありません。

しかも年齢が違うだけで、転職の難易度は大きく変わります

 

とくに20代と30代というだけで、転職市場でも求められることが違うのです。

全くの同じ上場企業でも、20代なら未経験でいけるものの、30代なら即戦力がないと無理でしょう。

 

僕自身、有限会社から上場企業へ転職ができたのは、20代だった理由もあります。

僕は転職して年収も上がり、年間の休みも30日は増え、平日も自由な時間も増えました。

 

ちょっと、想像をしてみてください。

いま転職を頑張るだけで、休日も増えてグッスリと眠れるので疲れも取れますし、給料も増えてお金の心配もなくなるかもしれません

 

あなたは今の会社に不満はないですか?転職したら、なくなる可能性大です。

転職はめんどくさい気持ちもわかりますが、いま行動しておかないと一生後悔するかもしれませんよ!

 

実際に僕が使っていた転職サイトや、転職のコツは以下にまとめたので興味がある人は読んでみてください。

転職する男性
転職に有利な転職サイト・転職エージェント3つ【現状を変えよう】

続きを見る

»ブラック企業→ホワイト企業(一部上場)へ転職した僕がやったこと【転職のコツ】

まあ行動は早いに越したことはないです。

今やるか後でやるかで結果も変わりますので、今のうちにやっておきましょうね!

-ライフ
-

© 2021 ボディメイクの学び舎