【事実】仕事がつまらない、辞めたいと思うのは結果が出ないから

2020年9月22日

仕事つまらない、辞めたい

仕事がつまらない、辞めたい…

じゃあ仕事を辞めましょう!なんて、いうつもりはありません。

もちろん、仕事をやめるべきケースもありますが、実際はやめないほうがいいケースのが多いです

本記事で分かること

  • 仕事をつまらなくて、辞めたいのは結果が出ないから
  • とはいえ結果が出ても、やめたいケースもある
  • 合わない仕事は、人生を消耗させるだけの話

僕も仕事を辞めたいなと思ったことは、よくありました。

でも仕事が嫌になってるときって、ほとんどが結果が出ていないときだったりします。

 

もちろん全てが、とは思いませんが

合わない仕事だって、上司とソリが合わないこともあります。

 

本記事では仕事に悩みに人に、体的に取るべきアクションを解説します。

3分ほどで読めるので、ちょっとだけお時間をください。

 

IT企業の転職に興味がある人へ

 

コロナが始まってからよりITの需要が大きくなって、いまではビジネスでネットは切り離せません。
ただしIT企業に興味があっても、未経験の人も多いはず…

 

じつは僕は「食品会社」→「IT企業」へ転職の経験があります。
その際に使っていた転職サイトや、転職エージェントをまとめたので、興味がある方はどうぞ。

転職する男性
IT業界に有利な転職サイト・エージェント3つ【現状を変えよう】

続きを見る

仕事がつまらない、辞めたいと思うのは【結果】が出ないから

仕事がつらい…

と嘆いている人ほど、仕事でいい結果が出ていません。

なぜなら、仕事で結果が出ないとすべて悪循環になるからです。

  • 仕事で成果が出ない
  • 上司から怒られる
  • 周りの人の協力も得にくくなる
  • さらに仕事のモチベーションが下がる
  • 休日も体力も気力も回復しない

負のスパイラルに入っていきますね。

 

仕事のやる気が下がった状態で、いいパフォーマンスを発揮することは難しいです。

自分では頑張りたいと思っても、まわりからの協力も得られないと、結果を出しづらいですね。

 

結果が出ると好循環になる

一方で、仕事で結果が出ている人は違います。

仕事は忙しいですが、結果が出るので充実感があって、楽しい状態になりますね。

  • 仕事で結果が出る
  • 上司や周りに褒められる
  • お願い事や協力を得られる
  • さらに結果が出る

わるい循環とくらべると、まるで違います。

仕事で結果が出れば出るほどモチベーションになって、意欲的になりますね。

 

周りからも認められて、自分にも自信がついてきます。

なんだか結果が出ない人からすると、不公平に思えますよね。

 

でも結果で、仕事の面白さが変わるのは、事実です。

だから仕事がつまらないと思っている人が、取るべき行動は一つ。

 

まずは結果を追うべき

仕事を面白くするためにも、結果を出すことが1番です

成功体験こそが仕事の意欲にもなり、好循環を生み出していきます。

 

結果が出ないのは、結果が出ない行動をしているから。

結果を出すためにも、いまの行動を変えていくことが重要です。

  • 成果が出ない無駄な行動をやめる
  • 結果が出てる人になにが問題か聞く
  • 結果を出すために上司にアドバイスをもらう

結果を出すための行動を増やしたり、改善すれば結果を出やすくなります。

 

よくないのは行動を変えないまま、現状をなんとかしようとすること。

厳しいですが仕事が忙しいから、時間が作れないのは、ちょっと言い訳です。

 

無駄なことを探して、すこしでも結果を出す行動にあてましょう。

今がなにも変わらなければ、結果を変えることは難しいです。

てしやん
大変ですが、頑張りましょう!

 

とはいえ仕事で結果が出ないこともある

結果を出すことが、いまの状況から脱する鍵です。

とはいえ、結果を出しにくい環境だってありますよね。

 

もしくは結果を出してるのに、楽しくないことだってあります。

以下のようなケースだと、やはり結果を出しづらいです。

結果が出しづらい状況

  • 単純労働で結果を出しづらい
  • 結果を出しても上司が評価しない

それぞれ解説しますね。

 

単純労働で結果を出しづらい

出しづらいといいましたが、じつは単純作業って、結果を出しやすかったりします。

生産効率をあげたり、ちょっと改善すればダイレクトに結果につながりますね。

 

でも本人が単純作業に面白みを感じないなら、結果を出そうとはしません。

単純作業はちょっとした改善の繰り返しですから、大きな成果になるには大変です。

てしやん
向き不向きがありますね

毎日ちょっとした改善できる人には、向いています。

でも大きな成果を上げたり、えることが好きなタイプには不向きですね。

 

結果を出しても上司が評価しない

せっかく結果を出しても、上司が取り合ってくれないこともあります。

おう、次もよろしく」と評価してくれない人だっていますからね。

 

また、部下が出した成果を自分のものとして、上げる人もいます。

てしやん
もうパワハラに近いですよね…

僕も実際にありましたが、上司に横取りされると一気にやる気が失せます。

 

何のために仕事を頑張ったのだろうと考えてしまいましたね。

結果を出しても、十分な評価を得られないケースもあるため、必ずしも結果を出せばOKではありません。

 

結果が出ない会社なら、転職を視野に入れるべき

正当な評価が得られない会社や、自分には結果を出しづらい環境なら、転職もアリです。

会社を変えれば、自分の力を発揮できる環境にいけるかもしれません。

 

ですが転職しても、おなじように評価されないこともあります。

  • 本当に転職するべきか?
  • 自分にも問題があったのでは?
  • いまの会社で結果は出せないのか?

いま一度、上記を考えてみましょう。

仕事はつまらないからといって、安易に転職はすすめません

 

すぐに辞める癖がつくと、嫌になったらやめる習慣に陥りますよ。

転職もリスクがある、と知ったうえで、動いていきましょう。

 

転職活動や、転職エージェントの登録は無料なので、無料登録だけは行ってもいいかもしれませんね。

>>転職支援が厚いJHR転職エージェントに無料登録してみる

 

【僕の経験談】世の中には自分に合わない仕事もある

なかには「どうしても合わない!」仕事だってあります。

そもそも合わないと分かってる会社なら、どうして受けたのかって感じですが。

 

名前はいえませんが、僕は某銀行に勤めていたことがありました。

てしやん
でも1週間でやめました…

1週間だけ銀行の融資を学んでいましたね。

ただ僕は数字ばかりみる仕事に嫌気が差して、あっさり辞めました。

 

仕事が苦痛で、毎日が憂鬱。

毎日ため息ばかりでしたし、朝起きたときがもっとも憂鬱でした。

 

とにかく数字が嫌だったのと、仕事の意義が見出せなかったのです。

  • 何のための仕事なんだろう?
  • 自分がやる意味はあるのかな?
  • 仕事が苦痛だし、まったく合わない!

1週間の最後の日には、出社する前に目眩吐き気を催しました。

明らかに自分には向いていない仕事だと、確信しましたね。

 

銀行系は向いていないと自覚はありましたが、働いてみたらわからないかもと思っていたのが間違いでした

てしやん
当時はめちゃくちゃ迷惑をかけましたね

 

合わない仕事は人生を消耗させます

自分に合っていない仕事や会社なら、確実に人生を磨耗させます。

自分に合わない仕事って、ここまで無理なのだと実感しました。

 

だからあなたも自身の直感を信じて、合ってるかどうか確認してください。

合わない仕事は例えるなら、大学までスポーツしかやってこなかった人間が、興味のない勉強を毎日させられるようなもの。

てしやん
僕の場合、銀行系はまさにそうでした

仕事をしていても集中できないし、やる気もでない。

確実に、負のスパイラルに入ります。

 

上司に怒られて、周りからも見放される合わない仕事に幸せはないですね

人生のすべてを消耗させるため、いま一度、仕事について考えてみましょう。

 

合わないならすぐ会社をやめよう

自分に合わないなら、仕事はやめてOK

僕は自信をもって、合わない仕事ならやめたほうがいいよ!といえます。

 

合わないことは自分の成長を止めるだけではなく、ときには人格を歪ませますからね。

無駄な時間に費やすだけ人生は、もったいないです。

  • 明らかに自分に合っていない
  • どう考えても頑張る気が起きない
  • 仕事のことを考えると全てがネガティブになる

こんな人は今のまま頑張っても、明るい未来はないですね。

 

精神的にもヤバいなら、すぐやめちゃって大丈夫。

むしろ病気になったら、次も働けません。

 

もしやめても3ヶ月〜6ヶ月ぐらいは保険が下りるため、生活はなんとでもなります。

そのあいだに転職活動をすれば、いいですからね。

てしやん
決断は早いほうがいいですよ

まだ気力がある人は、仕事をやりながら転職活動をしていきましょう。

働いているうちは視野が狭くなってるので、今よりもいい環境はどこかにあるはずです。

 

仕事つまらないから辞めたい人に伝えたいこと:まとめ

仕事を辞めたいと思ってる人は、世の中にたくさんいます。

でも実際、やめる人もいれば、やめない人だっていますよね。

 

だから一概に「〇〇すればOK」というわけでもありません。

本記事では、基本的に3パターンあると感じたので、すべて紹介しました。

 

本日の内容をまとめると、以下のようになります。

本記事のまとめ

  • 仕事がつまらないのは、結果が出ないから
  • 基本的には、結果が出るまで改善しよう
  • 結果が出ない環境は、転職も視野に入れるべし
  • 自分に合わない仕事は、すぐに転職しよう

人生は一度きりですから、後悔がないよう生きましょう。

僕は会社員があってなかったのでやめましたが、もちろん合う人だっています。

 

ぜひ自分で考えてみて、すこしでも前に進んでいきましょう。

-働き方
-

© 2020 Teshiyan Blog Powered by AFFINGER5