仕事で自己犠牲してしまう人の特徴4つ!そのまま続けても幸せになれない

2020年7月11日

仕事で自己犠牲
仕事で自己犠牲してしまう…どうしたら、やめられるのかな

僕も仕事人間で、私生活を犠牲していたので、すごくわかります。

 

でもちゃんと対策をしたら、毎日残業5時間していた状況から、定時で帰れるようになりました。

本記事で分かること

  • 仕事で自己犠牲してしまう人の特徴4つ
  • 仕事で自己犠牲をしても、幸せになれない
  • 仕事で自己犠牲してしまう人の対処方3つ

ぜひ本記事の内容を参考にして、自己犠牲の考えを見直してください。

まずはどんな人が、仕事に自己犠牲をしてしまうのか、まとめました。

 

IT企業の転職に興味がある人へ

 

コロナが始まってからよりITの需要が大きくなって、いまではビジネスでネットは切り離せません。
ただしIT企業に興味があっても、未経験の人も多いはず…

 

じつは僕は「食品会社」→「IT企業」へ転職の経験があります。
その際に使っていた転職サイトや、転職エージェントをまとめたので、興味がある方はどうぞ。

転職する男性
IT業界に有利な転職サイト・エージェント3つ【現状を変えよう】

続きを見る

仕事で自己犠牲してしまう人の特徴4つ

仕事が立て込む女性

僕も当てはまっていましたが、仕事で自己犠牲をしてしまう人は、4つの特徴があります。

仕事で自己犠牲してしまう人の特徴

  • 根が真面目
  • 責任感が強い
  • 何でも引き受けてしまう人
  • 自分ですべて完結しようとする人

それぞれ解説していきます。

 

根が真面目

真面目なあまりに、仕事で犠牲になる人もいます。

与えられた仕事をきっちりこなし、みんながめんどくさいことでも、ちゃんとやる。

 

人がサボっていることでも、コツコツとやるため、人よりも残業してしまいます。

また営業職だと売上を上げるために、休日返上する人だっていますね。

  • ズルはしない
  • 言われたことも守る
  • 時間は気にせず、やるべきことをやる

根が真面目だから時間がかかろうが、終わらせようと努力するのですよね。

結果、どんどん時間が潰れていって、仕事で自己犠牲をしてしまうことに…。

 

責任感が強い

仕事に責任感が強いタイプも、仕事に追われてしまいます。

当事者意識が高くて、自分でやり切ろうとしちゃいますね。

 

このタイプは一度やり切ろうと思ったら、一人になってまでも、どんどん仕事をする人。

僕もおなじだったので、わりと仕事で自己犠牲をしてしまいました。

  • 上司に期待
  • 会社の期待
  • 周囲からの期待

あとは自分にたいしての期待に、応えようとしましたね。

 

仕事が終わらなかったら、始発で会社にいったり、朝まで仕事をすることもありました。

ほどほどが1番なのは理解していましたが、責任感が強いとやり切ろう!と思ってしまいます。

 

何でも引き受けてしまう人

あとは何でもかんでも、仕事を受けてしまう人。

人がよくて、あまり断れないため、仕事をどんどん増やされてしまいます。

 

いわゆる雑務が多くなってしまい、自分の仕事に割くべき時間がなくなってしまうパターン。

  • 上司
  • 同僚
  • 困っている人

誰かにお願いされたものはすべて、受けてしまう。

頼まれごとや、困っている人の頼みは、受けてしまいがちな人です。

 

自分ですべて完結しようとする人

最後は自分の仕事を、ほとんど人に任せない人。

すべて自分がやった方が早い、と仕事を割り振れないので、仕事量が増えちゃいます。

 

依頼するのも面倒だし、教えるのも疲れるから、すべて自分で完結させますね。

てしやん
僕もそうでした

細かい雑務ぐらい人に任せればいいのに…とは思うのですけどね。

 

いちいちお願いする時間がもったいないと思っているので、仕事をため込む傾向にあります。

僕は仕事で自己犠牲をしていましたが、結果的にはよくありませんでした。

 

仕事で自己犠牲をしても、幸せにはなれません

仕事をなくした男

仕事をし続けても、自分が幸せになることはありません。

なぜなら、仕事を増やして自己犠牲になっても、正当な評価にはならないから。

 

みんなのためにめんどくさい仕事や、残業ばかりしても、思ったよりも評価されないです。

ずっと働いていれば、まわりからも当たり前になってきますからね。

  • 上司
  • 同僚
  • 家族

これらはあなたが仕事で自己犠牲をしても、正当な評価を得られません。

 

むしろ仕事ばっかりして、会社からは低い評価もされるでしょう。

もっと残業を減らすようにいわれたり、効率的に終わらせることをいわれます。

 

また家族や友人も、仕事を頑張ってることは理解があるものの、コミュニケーションが減ったぶん、人間関係も悪くなりますね。

てしやん
だから何もかも、崩れていきます

短期的にみれば、仕事を頑張ることで信頼を得られます。

ただ、長期的にみるといいことは一つもありません。

 

自分の時間や、幸せを考えるべき

仕事だけが人生ではありません。

自分の時間や、誰かといる時間も、バランスが取れてこそ、人生です。

 

どこかひとつの時間に集中してしまうと、他を犠牲にしますよ。

だからこそ、もっと仕事の向き合い方を考えるべきです。

  • 家族との時間
  • 仕事との時間
  • 遊びとの時間
  • 友人との時間

自分が理想とする時間配分を、考えていくことが必要です。

仕事とはどのぐらいのペースがいいのか、いま一度考えてみてください。

 

では仕事を犠牲しないために、どんなことを取り組んだほうがいいのか。

僕がやってみた対処方法を3つ、紹介しますね。

 

仕事で自己犠牲をしない対処方法3つ

電球を持つ男

仕事ばかりの人生にならないためにも、3つのことが重要です。

仕事で自己犠牲する人の対処方法

  • ときにはしっかり断る
  • 思い切って人に任せる
  • 一人ではなく、みんなで考える

それぞれ解説していきますね。

 

ときにはしっかり断る

仕事はなんでもかんでも受けることは、しないでください。

重要なのはときには、しっかり断ることです。

 

仕事が増えてしまったり、雑務が増えるのは、断らないこと原因にあります。

  • あの人なら、安心
  • あの人なら、引き受けてくれる
  • あの人なら、お願いしたらやってくれる

都合よく振られてしまう人になると、どんどん仕事が増えます。

仕事を引き受ける→仕事を受けやすい人になると、悪循環ですね

 

✔︎断る姿勢を見せることが重要

なんでも引き受けてしまう人は、1回でもいいから断りましょう。

頼んだからやってくれる便利屋ポジションから、脱却できます。

 

重要なのは、断る姿勢を相手に見せること。

依頼する人は「この人にお願いしたらやってもらえる」と無意識で思っています。

 

だから一度、断ることでつぎに遠慮が生まれますよ。

てしやん
たった1回でOK

忙しいから無理、とでも答えておきましょう。

 

忙しいといえば、次からあなたの忙しさをちょっとは気を使ってくれます。

依頼する人は、あなたがどれだけ仕事に立て込んでいるか、見えないものなのです。

 

思い切って人に任せる

いま持っている仕事で、手一杯なら人に任せましょう。

シンプルに自分の負担がへって、仕事の時間が減ります。

 

あきらかに属人的な仕事なら、ちょっとずつ教えるか、ほかとの交渉がいりますね。

ただし相手に伝えるときは、自分が忙しいから、という理由は伏せましょう。

 

見え方として自分がサボりたいから、とも取られてしまいます。

そのため提案するなら、相手にとっても利益があることを伝えてください。

  • 仕事の幅が広がる
  • 誰かが欠けたときに安心
  • その人のステップアップにもなる

相手にメリットを提示するのは、社外であっても変わりません。

 

いかに相手に利益があることを見せて、自分の意見を通すのがコツです。

とにかくいま持っている仕事を、誰かに渡せないか考えてみてください。

 

✔︎結果よりも効果を優先させる

人に任せても、自分でやったほうが早いことがほとんどです。

しかしながら、短期的な結果を追うことはやめましょう。

 

重要なことは結果ではなく、効果です。

誰かに仕事を振ると疲れるし、いちいち教えないといけないですよね。

 

ですが一度、仕事を覚えてもらえば、仕事量だって確実にへるし、任せられますよ。

てしやん
将来的な効果を重要しましょう

 

一人ではなく、みんなで考える

断る仕事もなく、人に任せられない仕事なら、みんなで考えてもらいましょう。

仕事が多すぎることを、まわりに話すことです。

 

誰だって、仕事で自己犠牲にはなりたくありません。

あなたも自分なりに努力して、早く帰ろうと考えたことでしょう。

 

自分で考えて、打開策が見当たらないなら、みんなの頭を使ってください。

  • 同僚
  • 上司
  • 他部署

みんなで考えれば、打開策も見つかるかもしれませんよ。

自分にはないアイデアだって出ますから、他人に頼ることですね。

 

✔︎みんなに問題を把握させる

みんなに考えてもらうことで、みんなに問題を把握させることができます。

ようは個人の問題ではなく、会社の問題として扱ってもらうことです。

 

個々は大変なことは知っていますが、まわりは意外と問題を把握していません。

だからこそ、誰かに話すことでみんなにも、考えるきっかけにしましょう。

  • 仕事内容
  • 個々の問題
  • 職場のルール

問題の種類はなんでもOK。

 

とにかく困っていることをさらけ出して、問題として吸い上げることです。

会社としても問題になれば、さらに上が問題解決することになります。

てしやん
だから一人で悩むのはダメですよ

 

仕事で自己犠牲はやめよう:まとめ

鍵を渡す男

ずっと仕事をしていても、楽しいならいいですが、自己犠牲と感じてるならツラいですよね。

正直いまのまま働いても、将来なにか変わるのは難しいでしょう。

 

自分のちょっとした行動で変わるので、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

仕事で自己犠牲する人の対処方法3つ

  • ときにはしっかり断る
  • 思い切って人に任せる
  • 一人ではなく、みんなで考える

上記ができなさそうな環境なら、いっそのこと転職しましょう。

仕事に犠牲し続けても幸せはないので、早いうちに動いてくださいね。

-働き方
-

© 2020 Teshiyan Blog Powered by AFFINGER5